無職でお金は借りれる?仕事をしていなくてもお金を貸してくれる?

お金

お金が必要になるのは、仕事を持っている人ばかりとは限りません。たとえば、専業主婦は家庭の家計をあずかっている関係上、思わぬお金が必要になる場合もあるでしょう。また、社会問題にもなっているニートも生きている以上、お金が必要になることがゼロではありません。このように、仕事がなくてもお金の貸してくれるところを教えてほしいという声も少なくないのです。

Q:お金の貸してくれるところはどこにありますか?
A:お金が必要な理由によっても違いますが、まずは公的期間で自分に適合するものはないか確認しましょう。それ以外は、一般的にカードローンやキャッシングと呼ばれているものを利用することになります。

Q:どこにカードローンやキャッシングをしているところがありますか?
A:一般的には消費者金融と呼ばれているところです。今では銀行でも上記のようなサービスを取り扱っています。

Q:ヤミ金融とは何ですか?
A:国や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者のことです。

スポンサーリンク

無職やニートでお金を借りれる、貸してくれるところは?

仕事がなくてもお金の貸してくれるところとしての消費者金融

Q&Aでは、一般論としてお金を貸してくれるところについて述べましたが、仕事を持っていない人(ニートや主婦)は、消費者金融では受け付けてくれない可能性が高いのです。消費者金融では総量規制という規則があり、収入の3分の1までしか貸付ができないというものです。無職ではその収入たるもの自体がないわけですから、仕事がなくてもお金の貸してくれるところとして消費者金融を選んでも、申し込みの時点で断られる可能性が高いのです。

仕事がなくてもお金の貸してくれるところとしての銀行

最近では、銀行でもカードローンやキャッシングの利用を勧めるCMがとても多いですね。実は、銀行は先述の総量規制は適用されないため、収入がないニートや主婦が仕「事がなくてもお金の貸してくれるところ」として利用しているケースがあります。

仕事がなくてもお金の貸してくれるところを探したい人へ

お金を貸すところは、返してもらえて利子も払ってもらえると思うから貸すのであって、仕事がなくてもお金の貸してくれるところではありません。したがって、安定した収入のない無職の人が、いくら仕事がなくてもお金の貸してくれるところを見つけたいと思っても、それは難しくて当然と言えるでしょう。しかし、そこは商売です。仕事がなくてもお金の貸してくれるところを探している人に、仕事がなくてもお金の貸してくれるところを紹介するのも商売です。審査が厳しかったり、金利が高めであったりするかもしれませんが、今では銀行系を中心に、たとえ仕事を持っていなくてもお金の借りられるところも出てきました。よく調べて納得して借りることをオススメします。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です