給与や残業時間などの労働環境に対する不満と待遇の改善案とは?

仕事,ブログ

みなさんは、今の給与に満足していますか?胸を張って手を上げられる人はいるだろうか。多かれ少なかれ、給与の額に不満はつきものです。しかし、不景気な世の中、十分満足できる給与をもらっている人は数少ないのが現実です。ただ、多い・少ないといっても、生活していくのに十分必要な給与をもらっていればいいですが、ローンや家賃などまとまった固定費がある人も多く、進んで積極的に残業をして残業代をもらわないと生活が成り立たないという人もいます。

給料と残業と労働環境を考えてみる

上司や同僚など、周りを見渡してみて、給与が上がりにくそうと感じると、会社を辞めたくなると思ってしまうのではないでしょうか?
いくら仕事を頑張っても、評価が給与に反映されないと、仕事に対するモチベーションもあがりませんよね。特に上司がどのような待遇を受けているかで、自分や会社に対する将来性を予測してしまいます。この予測が暗いものであると、評価や待遇の良い会社に入りたい、会社を辞めたいと思うことに。残業代が出ればいいですが、サービス残業などで、残業代をきちんと支払ってくれない会社もいまだにあります。

正当な評価、働いた対価である給与が得られなければ、仕事をすればするほどストレスがたまることにつながります。
男女間での給与格差も問題となることがあります。

いずれにせよ、お金の切れ目が縁の切れ目。会社に対して、シビアに仕事を辞めるかどうかを判断する人が多いです。

お金だけがすべてではありませんが、正当な評価や対価を受けられる会社に転職するのも一つの手かもしれません。

またサービス残業の問題で新聞記事を賑わすこともあるが、最近ではサービス残業問題での裁判結果により、以前よりも残業に対する意識は高くなっているのではないか。

しかし、全ての会社が残業代をきちんと支給できているわけではなく、残業の時間管理についても問題を抱える企業は多い。

労働時間や職場環境に不満を持っている人は多い。仕事を辞めたいという理由に挙げられることも多い。労働時間については、上司や会社の方針で大きく左右されてしまうため、劣悪な労働環境で頑張っているが、体調不良などで退職を余儀なくされることも少なくない。そのため、過酷な労働時間に嫌気がさす人、すでに体調を崩してしまっている人、通院や入退院を繰り返している人、体調不良で退職する人など、いろいろなパターンがあります。これらの人たちに共通するのは、仕事に対して意欲的・前向きである人が多いです。

しかし、いくら意欲的で前向きであったとしても、あまりに過酷な労働環境では体が悲鳴を上げてしまいます。

仕事を辞めたいと感じたときには、すでに過労ですごいストレス状態であることも。

会社は、従業員が働きやすい環境を整える義務があります。

にもかかわらず、劣悪な労働条件であれば、従業員が会社を辞めたいと感じてしまうのは仕方がありません。

また、残業時間についても、労働基準法で制限(8時間/日、40時間/週)があります。

転職時の面接で、「残業が多くて」という理由だけでは、あまり仕事への意欲を評価してもらえません。残業を理由にする場合には、労働基準法の制限などと比較して表現をすると面接官にも分かってもらえやすいでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です