年収が非常に高いことで有名!国会議員と事務次官の年収について

お金

現在日本の政治機関は「司法・立法・行政」の「三権分立」の形を取っていますね。この中の「立法」にあたるのが「国会」。国会を構成する国会議員は国民の選挙によって選ばれる国民の代表ですから、当然年収1000万以上の職業です。より具体的に見ると月収がおよそ150~180万円、ボーナスがおよそ600万円で、トータルすると平均年収およそ2500万円ということになります。加えて毎月100万円の「文書通信交通滞在費」が振り込まれ、これは使途の報告不要・非課税。これも年収のうちに含めると2500万+1200万=3700万円!もはや年収1000万レベルの話じゃない、しかもうち1200万円は非課税というのだから半端じゃないセレブの世界です。

更に給与以外にも国会議員という職業ならではの特権が付随します。国会の会期中は逮捕されない「不逮捕特権」や議院で行った演説などの責任は院外では問われないという「免責特権」の他に、うらやましい限りなのは国庫から相当額の歳費を受け取ることができる「歳費特権」、グリーン車も含めた新幹線など「JR全線無料」、月4往復までは「航空機無料」、更には格安で高級住宅が借りられる「議員宿舎」といったものがあります。ここまでくると例え年収1000万だろうと、結局使う機会すらないのではと思ってしまいますが・・・。ちなみにご存知の通り、国会議員は衆議院と参議院で成る二院制。この2つに給与の面で違いはないそうです。セレブな職業の中でも国家公務員で選ぶなら、国会議員を目指してみてはいかが?

スポンサーリンク

事務次官とは

官僚」と聞くとなんだかあまりイメージが良くないという人も少なくありませんが、「官僚」という職業は、厳しい国家公務員試験を合格し国から雇用されて各省庁に配属された「国家公務員一般職」にあたる人たち。内閣にある12の各省庁でそれぞれ国のために仕事をします。重い責任を担う彼らの給与は当然年収1000万以上。中でもその官僚のトップである事務次官という職業は、「年収1000万以上」のカテゴリの中でもかなり高いランクにあります。少し以前のデータではありますが、それによると事務次官の平均月収はおよそ190万円、12ヶ月で2280万円、それに年2回のボーナスが加わって大体3000万円以上になるのだとか。公務員一般職の中では最高位の年収です。

ところでそもそも、この「事務次官」という職業、内閣においてどういった位置づけになっているかと言うと、前述のように、「官僚」つまり「国家公務員一般職」のトップ。国家公務員1種試験に合格し各省庁に配属された彼らは、他の職業と同様、係長→課長→次長→局長と昇進していきます。そして上り詰めたポストが「事務次官」。事務次官は彼らの上司である各国務大臣が任命しますが、それら国務大臣、副大臣、大臣政務官といった事務次官の上司たちは「国家公務員特別職」にあたるため「一般職」ではありません。従って「事務次官」は「国家公務員一般職のトップ」と言うことができるわけですね。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です