おしゃれ?性能は?公団流し台かシステムキッチンはどっちがいい?

キッチン,公団,流し台

流し台には、公団流し台とシステムキッチンがあります。どちらもキッチンでひととおり使う、シンク、調理台、ガス台、収納等、ついていますが、公団流し台は、それぞれのユニットが組み合わせられてできています。できています。その逆に、システムキッチンは、1枚の天板で仕上げて固定されているもので、値段も高めです。どちらがよいかは、使い手によって違いがあります。

Q:公団流し台の長所とはなんですか?
A:まずは、価格が安価で手軽に買えることです。また、ひとつひとつのユニットが別々になっているので、後々取り替える際に簡単です。

Q:公団流し台の短所はなんですか?
A:ひとつひとつのユニットにつなぎ目があるため、そこにゴミがたまりやすくなります。

スポンサーリンク

公団の流し台とシステムキッチン比較

公団流し台を買う前に知っておきたいこと。

夢のシステムキッチンは、よく美しいカタログで見かけますが、マンションの一室で、それほど大きなスペースがない場合は、やはりキッチンをそこまで拡大できないので、公団流し台を入れるわけですが、見た目が安っぽく見えるのではと心配している方も多いでしょう。しかし、最近の公団流し台のカタログ等をチェックしてみましたか?シンプルですが、公団流し台のラインナップも豊富になってきてます。おしゃれと言うよりはシンプルな印象を受けますが、引き出し付きの収納等、他のものを取り付けて、加えるとおしゃれなキッチンを演出することもできます。機能的で、必要な引き出し等をしっかりついています。

ただし、公団流し台を選ぶ際は、まず購入前に、寸法と蛇口とガス栓の位置を確認することが大切です。なぜならタイプがいくつかあるからです。気になる値段ですが、メーカーによって、あるいは取り付ける業者によっても、値段が変動しますが、かなり手ごろなものなら、30000円くらいからあります。ただし、公団流し台は、値段が手ごろだといっても、メーカーによっては20万円くらいするものもあります。

あとは、基本的な公団流し台に加えて、吊り棚や食器洗い機等、自由に好きなものを組み合わせて使うこともできます。基本型の公団流し台とは、流し台とコンロ台そして、その下に開き扉や引き出しがついているものです。マンションやアパートであれば、狭いスペースにもしっかり収まって、しかも基本的な機能はすべてこれで問題ありません。後は、家庭の用途に合わせて、他の商品も加えていくだけです。

公団流し台のタイプをしっかり確認

公団流し台を購入する際は、まずいくつかのタイプがありますから、自分の家の条件に合うものを購入しなければなりません。また、パッと見は、公団流し台はシンプルすぎるような感じがしますが、色やタイプもいくつかありますので、ご家庭のキッチンにあったものを選べます。他に、いくつか必要なものを付け加えて、さらにオリジナリティを加えることも可能です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です