口臭の原因などにもなる恐ろしい病気!歯槽膿漏の治し方について

日本人が自分の歯を失う原因の中でも最も多いのが、歯槽膿漏です。歯槽膿漏は歯周病とも呼ばれ、口臭の原因としてもよく知られています。その為臭いに敏感な日本人はこの歯槽膿漏の治し方や予防法に関心を示しますが、実は自覚症状がないだけで日本人の80%以上は歯槽膿漏にかかっているとも言われています。歯槽膿漏は口臭や虫歯、歯を失うというリスクだけでなく、心臓病のリスクまで高める可能性があるので早めの治療が大切です。

■ 歯槽膿漏と歯周病の違いは何ですか?
□ 「歯槽膿漏」はその字からも分るとおり、歯周組織が炎症を起こし歯茎から膿が出る症状にまで至ったもので、つまり歯周病の炎症症状が進んだ状態を指します。しかし一般的には症状の細かい区分というよりは、「歯槽膿漏=歯周病」と、同じ意味で使われる場合が多いようです。

■ 歯槽膿漏は自己治療で完治できますか?
□ 歯槽膿漏は口内のプラークが原因ですから、毎日の丁寧な歯磨きで予防は可能ですが、一度罹ってしまうと原因となっている細菌を除去するより他になく、これは自分自身で治療できるものではありません。歯科医で治療を受ける必要があります。

スポンサーリンク

歯槽膿漏とは

歯槽膿漏とは、歯を支えている歯肉部分にある「歯槽骨」や「歯根膜」といった歯周組織に起こる病気で、食べかすなどによってできるプラークに含まれる細菌に感染して炎症を引き起こす病気です。歯周病が更に進行すると膿を出し、歯槽骨も溶けて歯そのものが損傷してしまいます。

歯槽膿漏の原因

歯槽膿漏の直接の原因は、プラークに歯槽膿漏菌が付着し歯周組織に炎症を起こさせることであり、プラークコントロール、つまり歯磨きが不十分であることが関係しています。しかし他にも歯槽膿漏に罹りやすく悪化させやすい原因となるものがあります。

【タバコ】

タバコに含まれるニコチンは血液の流れを悪くさせるため、本来体に備わっている抵抗力を弱め、病気に罹りやすくなってしまいます。また他の有害物質も唾液の分泌量を少なくしプラークが付着しやすい口内環境を作ってしまいます。

【糖尿病】

糖尿病も体の抵抗力を弱め様々な合併症を引き起こしやすい病気です。細菌に感染しやすいので、歯槽膿漏菌にも侵されやすい上、唾液の分泌量も減るので口内の細菌を洗い流すことができず、これも歯槽膿漏になりやすい口内環境となってしまいます。

【歯の詰め物や被せ物の不具合・歯並びの悪さ】

虫歯の治療として削った歯の代わりに詰め物をしたり銀歯などを被せたりしますが、この詰め物や銀歯が合っていないと隣の歯との間に段差や隙間ができ、そこにプラークが入り込んでしまいます。歯並びが悪い場合も同様で、どれだけ歯を磨いてもどうしても歯ブラシが届かず磨き残しができてしまい、それがプラークとなって歯槽膿漏を引き起こしてしまいます。

歯槽膿漏の治し方【薬・市販薬】

歯槽膿漏の治し方というよりは、歯周病によって引き起こされる歯茎の炎症を抑える対処療法として、薬・市販薬を利用することができます。最近では歯槽膿漏による炎症を抑えるための塗り薬・市販薬が多数販売されており効果を期待 できますが、あくまで対処療法なので、歯科医できちんと治療を受け、市販薬は医師の許可がおりれば併用するという仕方で利用すると良いでしょう。

歯槽膿漏の治し方【飲み薬】

近年、歯槽膿漏は「カンジタ」というカビの一種が繁殖することで歯槽膿漏が進行すると考えられています。その為、カンジタ菌を殺す飲み薬として抗生物質を処方する医師もいます。飲み薬として処方されるのは、「ジスロマック」「ファンギゾンシロップ」といった抗生物質です。

歯槽膿漏の治し方【歯磨き】

歯槽膿漏は一度罹ってしまうと歯磨きだけで菌を除去できるわけではありませんが、歯槽膿漏予防としては確実に必要な要素になります。また歯槽膿漏治療にあたっても、歯科医での治療に毎日のプラークコントロール=歯磨きが基本になりますから、そのような意味では歯磨きは歯槽膿漏の治し方に含まれる分野と言えます。

歯槽膿漏の治し方【電動歯ブラシ】

電動歯ブラシを使った歯槽膿漏の治し方とは、つまり上記の歯磨きによる治し方の効果を上げるためのものと考えてください。細かく振動することで、手による普通の歯磨きでは落とせなかったプラークを除去することができます。ただ電動歯ブラシだけに頼ることでも磨き残しは生じますから、普通の歯磨きと併用すると良いでしょう。

歯槽膿漏は生活習慣病

歯槽膿漏は生活習慣病の一つであり、幾ら歯科医に通っても「お勧め」とされる歯槽膿漏の治し方を実践していても、生活習慣を改めなければ完治は難しくなります。食習慣や睡眠、ストレス、運動の習慣などを見直すことは歯槽膿漏だけでなく他の生活習慣病の予防・治療にも効果がありますから、是非気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です