心の病気-心の病気の種類と病院での相談、治療・診断方について

心の病気

心の病気として広く知られているのが、うつ病ではないでしょうか。このうつ病は、男性と比較すると、およそ2倍程度女性の方がかかりやすいと言われています。その結果、女性の8人から10人に1人がうつ病経験があるとされています。また、パニック障害も20代、30代の女性に多く見られる事から、心の病気は女性の方が男性よりかかりやすいと考えられます。その為女性にとっては、男性よりも注意すべき病です。

Q:どうして女性に多いの?
A:妊娠、出産、更年期などのホルモンバランスが大きく変化する事が、女性は男性よりも多く、これが要因に繋がっています。

Q:ストレスも要因になるって本当?
A:本当です。例えば、仕事と育児との両立や、義実家との同居などのストレスで心の病気にかかる女性は少なくありません。

Q:男性の患者はいないの?
A:例えば統合失調症の場合は、男性と女性での発症リスクの差はほとんど見られません。その為、男性の患者がいないという事はありません。

スポンサーリンク

心の病気

心の病気と一言で表しても、その種類は様々です。
・うつ病
・躁うつ病
・自律神経失調症
・統合失調症
・不安障害
・パニック障害
・心身症
なお、うつ病を発症すると、うつ病以外の他の種類の心の病気も併発しやすくなるので、注意が必要です。

心の病気を診断

心の病気かな?と感じたら、まずはインターネットで診断を行ってみてはどうでしょうか。質問に、はい・いいえで答える形の簡単な診断が、インターネット上には数多く存在します。是非これらを上手に活用して、心の不調にいち早く気がつけるようにしましょう。

心の病気の相談

心の病気の悩みを抱えているけれど、家族にも友人にも相談できないという方は多いようです。そんな方は、相談窓口に電話をかけてみると良いでしょう。これらは、基本的に無料かつ匿名で利用する事ができます。勿論、通話料金は必要になりますが、話すだけで心の負担が軽くなる事もあるので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

心の病気の治療方法は?

心の病気の治療法は、心理療法、薬物療法、これら2つを組み合わせたものという3つに分類されます。心理療法では、カウンセリングを受ける事で、心の緊張を解していきます。そして薬物療法では、脳に作用する薬を服用する事で神経伝達物質の働きを正常化させます。代表的な治療法はこの3つですが、この他にも電気痙攣療法や光療法などもあるので、専門医と話し合いながら症状に応じて受けてみて下さい。

心の病気は病院に行くべき?

心の病気を治す為に、病院に通院する方は少なくありません。その場合、以下の外来が設けられている医療機関を選びましょう。
・精神科
・心療内科
・神経科
主にこうした病院に通院する事になるでしょうが、注意しておきたいのが健康保険です。民間の医療機関の中には、保険適応外のところもあるので、事前に問い合わせをしてから、予約を取るなどして足を運ぶ事をオススメします。

心の病気になる前に不調に気付こう

うつ病にかかると、他の心の病気にもかかりやすくなってしまうので、まずはうつ病にかからないようにするという事が重要になるでしょう。その為には、心の不調にすぐに気がつかなければいけません。心の不調は身体の不調の引き金にもなるので、心身共に健康な状態の維持を心がけましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です