贈り物に人気の高い花-胡蝶蘭の適切な育て方と水やり方法とは

胡蝶蘭,育て方,水やり

大切な人への贈り物で、胡蝶蘭もかなり人気の花です。格調高い雰囲気、さまざまな色彩や形等で、部屋に置いていると、それだけで雰囲気が引き立って見えます。胡蝶蘭といえば、まずいただきものが多いと思いますが、せっかくいただいたのですから、長持ちさせるように育て方を試みたいものです。例えば、温度や水やり、置く場所等、さまざまな配慮をしながら、胡蝶蘭を育てていくように、ある程度の知識をもっていたほうがいいでしょう。

Q:胡蝶蘭を長持ちさせるには、どんなことに注意するといいのでしょうか?
A:胡蝶蘭の育て方を成功させるためには、温度、風通し、そして日光の光を意識することが大切です。

Q:胡蝶蘭の水やりは、どのくらいの感覚で行うのとよいですか?
A:胡蝶蘭の水やりは、季節によって調整してゆきます。季節が春であれば、10日に1度、夏は1週間に1度、秋と冬には3週間に1度を目安に水やりします。

スポンサーリンク

胡蝶蘭の育て方と水やりの仕方

胡蝶蘭の育て方の基本で水やりのほかに置き場所も考えて

胡蝶蘭の育て方で大切なのは、温度も大きく関わってきます。日中ですと、16度くらいになるような場所がよいのですが、季節によって、おき場所も変わってくると思います。エアコンで調節したり、窓のそばに置いたり、太陽があまり当たらない環境ですと、蛍光灯の光を使ったり、いろいろ工夫してください。また、エアコンを利用する際の注意として、あまりあたりすぎると乾燥して、それが花の枯れる原因ともなります。

さらに、いくら日光の光を取り入れた場所を好むといっても、直射日光にあたっていては、花が弱ります。また、夜温度が冷えてしまう地域では、寒い玄関等に放置しておくのはお勧めできません。ヒーターの入った部屋に置いて、温度を調節するようにしましょう。胡蝶蘭に育て方で次に大切なのは、明るい場所に置くようにすることです。ただし、胡蝶蘭は、直接太陽が当たる場所ではないところにしましょう。しかし、暗い場所に置くことは避けましょう。

胡蝶蘭は、通常茎が支柱としてワイヤーで固定されていますが、花が枯れた場合は、この支柱を取り外してください。そして、枯れた花の節を下から数えて4節目あたりのところで切って、様子をみてください。時間がちょっとかかりますが、花芽が出てきます。育て方で楽しみのひとつは、花芽が出ることです。花芽が出るまでに、適度や温度と水やりをしっかりやることで、花が咲きます。芽が出ている間も、続けて温度と水やり、置き場所等に気をつけて支柱をつけて管理してください。ただし、水やりはあまりやりすぎてしまうと、水やりによる根腐れを起こしてしまいます。胡蝶蘭の育て方で大切なことのひとつとして、季節に合わせて、水やりは調整することです。

花芽の出やすい季節は一年のうちでは、秋が一番ピークとなります。もちろん、春や夏にも花芽ができる可能性はあります。もし、夏に花芽が出て、花がよく咲いたら、秋に再度花芽が出る場合もあります。つまり、持たせようと思えば、かなり長く持ちますので、根もついて花芽が出ると、また花が咲く楽しみもできますね。

胡蝶蘭の育て方で大切ことをしっかりチェックして育てること

胡蝶蘭の育て方は何となく難しそうな気がしますが、それほどデリケートな花というわけではありません。しかし、ある程度の条件下で育てないと、すぐに枯れてしまいます。値段も高価でもありますので、支柱をつけて、なるべく長く持ちがよい状態で育ててください。実際に、表示された条件で育てていれば、ずっと長持ちして、また花芽もついて、新しい花が咲きます。部屋に飾っていると、品もよく、特に和室の雰囲気にとても似合っていますが、エスニック風の家具にも、なぜかしっくり合ってしまう、不思議な魅力をもっています。また、さまざまな色もありますので、部屋の雰囲気にあったものを選んでください。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です