キッチンのスポンジ置きはどうする?流し台を清潔に保つおすすめ用品

キッチンスポンジ

キッチンのスポンジ置きにこだわる。キッチンのスポンジ置きをネットで検索すると、以外といろいろな種類のものが出回っています。色は全体的に薄いものが多いのですが、あとは素材でプラスチックとか、金属製のものもあります。形もさまざまで、今あるキッチンに合わせて、いろいろとこだわりながら、選ぶことができるようです。

Q:キッチンのスポンジ置きはどんな観点で選ぶといいでしょうか?
A: まずは、どこに一番の焦点を絞るかですが、色や形にこだわる人もいます。しかし、機能性としては、やはり洗いやすいことを第一条件にしたほうがいいでしょう。

Q: キッチンスポンジは洗剤も一緒に入るタイプがいいですか?
A: 置き場所に余裕があるのであれば、そのほうが使いやすいでしょう。

スポンサーリンク

キッチン・流し台(シンク)のスポンジ置き

キッチンのスポンジ置きはいろいろ種類がある

キッチンのスポンジ置きには、もし流し台のスペースに余裕がなければ、シンクの中に納まるスポンジ置きがいいでしょう。スポンジ置きと言っても、スポンジだけが収まるタイプのもので、シンクの中の手前の壁に吸盤でとりつけるものがあります。それほどデザインにこだわりがなければ、おすすめが100円ショップでもシンプルなものが売っています。100円なら、それほど気にしなくても、少し汚れたら、また新しいものを買ってきて、取り付けることもできますね。

また、流し台のスペースに余裕があるのでしたら、洗剤と一緒に置けるタイプのスポンジ置きがよいのではないでしょうか。おしゃれなタイプを探しているのでしたら、値段は1500円から2000円くらいのもので見つかるでしょう。最近は、蛇口の回りにつり掛け式のものも人気があって、おすすめです。ただし、スポンジ置きは汚れたら、洗い安いものがいいですね。

キッチンの水周りでは、どうしても汚れがすぐ目立ってきます。せっかく、人気のおしゃれな商品を買っても、すぐに汚れる可能性がありますから、機能性も考えた上で購入されるといかがでしょう。洗う際に、どうしても、底が黒ずんだりして、落ちにくくなります。まめに漂白剤で汚れをすっかり取るようにするのもおすすめです。

キッチンのスポンジ置きは、まず機能性を第一に

キッチンに、ちょっとしたポイントを置いて、おしゃれに演出している家庭では、流し台のスポンジ置きにもいろいろとこだわりがあるかもしれません。しかし、場所的に清潔を第一に考えて、食事を作る場所ですので、まずいつもさっぱりと小綺麗に整えておくことが大切です。その上で、デザインや色にこだわってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です