キッチンスポンジの種類、メーカー…画期的なキッチンスポンジの選び方

キッチンスポンジ

キッチンスポンジといえば、スポンジのみの商品をありますが、たわしがついているタイプもあります。これは画期的なキッチンスポンジで、食器を洗えるだけでなく、なべについたこびりつきまでキレイにすっきり落とせます。これですと、キッチン用に使うスポンジだけでなく、他にもいろいろと用途がありそですね。たわしといえば、昔は、あの亀の子たわしなど流行りましたが、時代が変わって、やはりそれなりにテクノロジーが進化しています。

Q:画期的なキッチンスポンジには、どんなものがありますか?
A:スポンジだけでなく、不織布が貼られた抗菌ウレタンスポンジたわしと呼ばれるものがあります。

Q:抗菌ウレタンスポンジは、デリケートな食器を傷つける可能性がありますか?
A:不織布は、機能・特徴として研磨粒子がついていないタイプとついているタイプがあります。

スポンサーリンク

キッチンスポンジの選び方

画期的なキッチンスポンジは単に「たわし」ではない

画期的なキッチンスポンジのたわしのタイプといえば、今はやはり「抗菌ウレタンスポンジたわし」が主流です。ウレタンスポンジたわしには、キッチンスポンジが貼り合わせてありますので、用途によって使い分けるのです。この画期的なキッチンスポンジは、洗剤をつけて、軽くこするだけで、なべやグリルのこげたところをしっかり落としてしまって、ぴかぴかになります。ただし、画期的なキッチンスポンジと言っても、いくつかのメーカーから出ていますが、安売りのものは期待するほど落ちません。

さらに、すぐによれよれになってしまいますので、購入するのであれば、「スコッチ・ブライト」メーカー・種類の商品を選びましょう。この画期的なキッチンスポンジは、値段は少し高いですが、長持ちするのと、何よりも汚れがよく取れます。

また、「スコッチ・ブライト」メーカー・種類の画期的なキッチンスポンジの種類として、ごく一般のスポンジ型もタイプと、鳥やリボンカットの形の種類もあります。特徴として、画期的なキッチンスポンジの一般の形のタイプは、研磨粒子がついていますので、機能的には鍋などに使う時によいでしょう。また、鳥やリボンカットの形をした種類は、研磨粒子がついていませんので、デリケートな食器は、こちらのタイプで使い分けるようにします。どの商品も、それぞれの機能・特徴を大いに発揮できる画期的なキッチンスポンジには、変わりなく、汚れをすっきり落とせます。

画期的なキッチンスポンジは機能別に使い分ける

キッチンスポンジは、食器や鍋をきれいに、しかもあまり力を入れすぎなくても、しっかり汚れが落ちることが理想です。そのためには、やはり良品を選ぶことです。安価すぎるものを買っても、長持ちせずに、結局何度も買わなければならなったりします。また、きれいに汚れを落とすために、画期的なキッチンスポンジを機能別に使いこなすべきです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です