女性の血尿は病気?女性の残尿感は膀胱炎?痛みのない血尿症状と原因

女性,血尿,膀胱炎

女性の尿に血が混じる!いわゆる血尿で女性の病気として真っ先に考えられるのが『膀胱炎』です。しかし、膀胱炎が原因の血尿は痛みを伴うことが多いので、痛みなしの血尿となると他の疾患の可能性もあります。血が混じるということはどこかから出血しているということですから、安易に考えず、早期に対処されると良いでしょう。

スポンサーリンク

膀胱炎、血尿の疑問

血尿,膀胱炎

■ 膀胱炎や血尿の場合、病院は何科に行けば良いのでしょうか?
□ 泌尿器科または産婦人科で相談することができます。

■ 膀胱炎なら簡単な検査で分かりますか?
□ 膀胱炎は尿検査で細菌を調べる事で分かります。時間はかからず、その日のうちですぐに診断してもらえますよ。

■ 血尿を止める市販薬を教えて下さい。
□ 膀胱炎向けや、排尿を促して膀胱内の細菌を排出する助けをする市販薬はありますが、痛みなしの血尿はその要因を知らなければいけませんので、まずは病院の診察を受けてみましょう。

女性の血尿、痛みなしの症状

女性,血尿,痛みなし

女性の血尿は珍しいことではないのですが、だからと言って放っておいて良いというわけではありません。血が出ているということから、体内での炎症や出血が疑われ、癌などの病気が隠れている可能性も否めません。しかし、痛みなしなら、きちんとした検査をしないと病気なのかどうかも判断がつけられないのも事実です。痛みなしの症状ではどの程度血が混じっているのか、いつから血が出ているのか、ピンク色か茶色っぽいのか、その他に不調がないかを医師にきちんと伝えられるようにしておくと良いでしょう。怖がらせるわけではありませんが痛みなしだから大丈夫だと思い込んで放っておくと、隠れていた病気がどんどん悪化してしまうこともあるのです。

女性の血尿、残尿感の症状

女性,血尿,残尿感

女性の血尿でもっともよく見られる疾患が『膀胱炎』です。膀胱炎では尿時の痛みを感じることが多いのですが、必ずしも痛くなるというわけではありませんので、痛みの無い血尿でも膀胱炎の可能性も考えられます。また、残尿感の症状も膀胱炎に多いものです。病院で尿検査をしてお薬をもらえば早くて1週間程度では症状が改善されます。心当たりのある方は、泌尿器科または産婦人科で相談されてみると良いでしょう。

女性の血尿の原因

女性,血尿

女性の尿に血が混じる原因は、体内または体外からの出血ですが、肝心なのは、どこで・なぜ出血が起こっているのかを突き止めることです。例えば、尿道付近で起こっているのか、膀胱内なのか、それとも他の臓器からの出血が影響しているのかでも治療が大きく異なります。排尿時、始めだけ血が混じる場合には尿道よりも外側からの出血、全体的に血が混じっている場合には膀胱内での出血、最後だけ血が混じるようなら膀胱よりも奥にある部分からの出血が考えられるという見方もありますが、やはり病院でしかるべき診察を受ける必要がありますね。

血尿は20代~50代、幅広い年代の女性に見られる

女性,血尿,20代,30代,40代,50代

血尿は女性にとって珍しいことでは無く、20代~50代、それ以上の70代でも多く見られる症状です。また、20代では血尿が見られる女性の割合が1割程度なのに対し、40代では2割以上、50代では3割以上と、20代~50代と年齢が増すにつれ多くなっていく傾向があります。しかし、女性の血尿は珍しいことではないと言っても、やはり不安になってしまいますよね。実際に、結石や癌、腎炎、腫瘍といった病気による症状の可能性もありますから、若いから大丈夫、痛みなしだから大丈夫といった自己判断をせずに、できるだけ早く病院に行ってみてくださいね。

女性の2割は膀胱炎

女性,膀胱炎

女性の2割は膀胱炎といわれているほど、女性の泌尿器系トラブルは多いです。痛みなしだと、対処を後まわしにしてしまいがちですが、見えないところで病気が進行していると考えると不安になってしまいませんか?健康な身体を維持するためにも、痛みなしでも異変や不安を感じたらすぐに専門家へ相談されることをおすすめします。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です