効果的に毛穴の黒ずみをとる方法とは?ポイントは洗顔にあり!

しかし、パックで取り除いても、すぐに黒ずみが出来てしまうケースも珍しくはありません。毛穴の黒ずみを放っておくと、ファンデーションやコンシーラーで隠すのも一苦労です。そこで、効果的に毛穴の黒ずみをとる方法を覚えましょう。

■ どうしてパックでは効果が期待できないの?
□ 毛穴の黒ずみをとる方法として、パックは広く浸透しています。しかし、パックを行いすぎると、過剰な皮脂分泌の原因になります。また、乾燥肌の原因にもなるので、パックを行う場合は週に1回を目安にしましょう。

■ 入浴やサウナが効果的って本当?
□ 違います。入浴やサウナは、身体を温められるので毛穴を開く効果が期待できます。しかし、あくまで毛穴を開くだけですので、これでは毛穴の黒ずみをとる方法としては不完全ですので、根本的な解決には繋がりません。

■ スクラブ洗顔が良いって聞いたけれど?
□ 毛穴の黒ずみをとる方法としては、間違っています。スクラブ洗顔は、肌に刺激を与えやすく、パックと同様に過剰な皮脂分泌や乾燥肌の原因になりかねません。その為、スクラブ洗顔を行う場合は肌の様子を見ながらにしましょう。

スポンサーリンク

毛穴の黒ずみの原因は?

毛穴の黒ずみの原因となるのは、角栓です。この角栓とは、毛穴から分泌される皮脂と古い角質が絡み合って出来るものです。角栓は紫外線などによって、酸化を起こします。そして、毛穴に詰まった角栓が酸化すると、黒ずんで見えるというわけです。酸化が起こると、メラニン色素が過剰に生成されます。その結果、毛穴に加えて毛穴の周辺まで黒ずんで見えてしまうのです。

美容皮膚科で毛穴の黒ずみをとる方法

美容皮膚科では、毛穴の黒ずみをとる方法として、ケミカルピーリング、レーザー治療、吸引付きマッサージ、イオン導入が実施されています。ケミカルピーリングでは、古い角質を取り除くと共に、過剰な皮脂分泌を抑制します。レーザー治療では、黒ずみを取り除いて毛穴を引き締めます。吸引付きマッサージでは、マッサージで肌と角栓を柔らかくして、角栓を取り除きます。イオン導入では、毛穴を引き締める効果を持つ有効成分を、肌の奥にまで浸透させます。なお、ケミカルピーリングは、吸引付きマッサージやイオン導入と併用する事でより高い効果が期待できます。その為、専門医と相談しながら、どの施術を行うかを決めるようにしましょう。

毛穴の黒ずみを簡単にとる方法

毛穴の黒ずみを簡単にとる方法は、以下の5ステップとなります。

  1. 優しく洗顔
  2. 蒸しタオルを使って毛穴を開く
  3. オイルやクリームを使って、余分な皮脂を排出する
  4. 再度洗顔
  5. スキンケアで毛穴を引き締める

この5ステップが、自宅でも毛穴の黒ずみを簡単にとる方法となります。なお、ポイントとしては、洗顔の際には毛穴よりも粒子の小さな洗顔料を使用する事、スキンケアの際には、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドといった保湿成分が配合されたアイテムを使う事が挙げられます。是非この5ステップで毎日お手入れを行いましょう。

毛穴の黒ずみをとる方法の基本になるのは正しい洗顔

洗顔方法が間違っていた場合、毛穴の黒ずみをとるどころか、逆に黒ずみを招きかねません。そこで、正しい洗顔を覚えて毎日取り組む事が、毛穴の黒ずみをとる方法の基本になります。正しい洗顔とは、キメ細やかな泡で汚れをしっかりと吸着させる事です。また、洗顔後にしっかりと保湿を行うという事も、正しい洗顔に含まれています。その為、保湿を行うまでを毛穴の黒ずみをとる方法の1セットと考えましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です