共働き、共稼ぎの夫婦でも便利な家庭保育園を利用して子供の教育を

子育て

どんな親でも、子供のどこかに自慢できることがあれば、とても鼻高々でハッピーになります。最近、多くの親御さんが注目している「家庭保育園」をご存知ですか?胎教から始まって、子供のさまざまな成長段階に任せて、あるいはその子の興味に合わせて進んでゆける教材です。しかし、共稼ぎの夫婦でも、この教材を使いこなす時間があるのでしょうか?
Q:家庭保育園は共稼ぎの夫婦でもできますか?
A:家庭保育園は、時間に制限があるわけではありません。必要だと思う箇所をピックアップして学ぶのもいいと思います。

Q:家庭保育園で、外国語を習得したり、子供の頭がよくなりますか?
A:よく家庭保育園をやっていて、天才児が育つのではと言う話しを耳にすると思いますが、この教材の本来の目的は、もともともっている子供の情緒や無意識の力を引き出すような教材の設定がしてあります。その結果、その子供が持っていた才能が開花する場合のあるということです。

スポンサーリンク

共働きなら家庭保育園が便利?

家庭保育園はIQアップの教材ではない

家庭保育園は、一般的にIQを高めて、幼児から教育して、天才に育ててゆく教材であると考える人も多いのではないでしょうか?家庭保育園を利用した親御さんからのクチコミによると、親子のふれあいを高め、情緒豊かに育つ内容であるということです。共稼ぎの夫婦ですと、赤ちゃんが生まれても、じっくり教育法を考えている暇がありません。共稼ぎの状況では、本当に子供を育てられるのか心配ですね。

ある家では、小さな子供に何か教えるために、すぐお金を出して、小さいうちから無理やり教室に通わせたりします。

家庭保育園は、詰め込みで数字を無理矢理教えたり、算数の問題を解かせたり、漢字を無理に覚えさせたり、外国語を叩き込んだりする内容とはまったく違います。家庭保育園は、触れ合う環境を大切にしながら、子供の独特な好奇心を育て、そのうちに知性や思考力を身につけてゆくプログラムです。共稼ぎで何から手をつけていいのかわからないと悩んでいる親御さんにぴったりです。

共稼ぎですと、親子の触れ合いがどうしても不足しがちになってしまいますが、共稼ぎでも、このプログラムに沿って努力すれば、子育てもうまくいきます。共稼ぎの親御さんがこれに沿って家庭保育園で受講をしていて、自然に子供のIQを高めたり、まったく思っても見なかった才能が発達したりします。天才でありながらも、人格にも大変すぐれていたといわれたカール・ヴィッテは、何と16歳でベルリン大学の法学部の教授として活躍しましたが、この彼を育てたすばらしい教育方法を元に、現代の脳科学を採用して、作られた画期的教育法が家庭保育園として誕生しました。

子供の頭をよくするには、まず心から

結局、子供が頭がよくなるには、まず心の管理が必要です。普段共稼ぎで忙しくしていても、家庭保育園に沿って教えると、結局基本中の基本としての心の管理につながります。家庭保育園では、IQ(知能指数)、EQ(こころの指数)、PQ(からだの指数)を育てる教育法です。家庭保育園のその方法がいわゆる、子育ての途上の数え切れない相乗効果となって、大人になった時に現れてくるのです。忙しい共稼ぎ夫婦でも、まずは家庭保育園のマニュアルを信じて、トライしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です