否定する人もいるって本当?人気が高まっている家庭保育園の評価

子育て

家庭保育園は今とても注目されている、小さな子供の教育法です。家庭保育園では、IQ(知能指数)、EQ(こころの指数)、PQ(からだの指数)と、この3つのバランスを自然と学ばせるプログラムとして、今日本中の親御さんの間で注目を浴びています。家庭保育園で子供が思ってもみなかった能力が開花した、あるいはより早くものを理解できるようになったようなことをよく聞きますが、本当にそんなに効果があるのか、否定する人もいます。もちろん、それらのプログラム内容が合わない場合もありますから、すべての子供を基準として考えられているわけではないと思います。

スポンサーリンク

家庭保育園の評価や意見

Q:家庭保育園は、今人気ですが、否定意見でどんなものがありますか?
A:使っていて、効果がないと感じる親御さんもいると思いますが、使い方を変えるとずいぶん違います。

Q:家庭保育園は、すべての教材を受講しないと駄目なのですか?
A:いいえ。興味のあるものだけを集中してやっても、効果はあります。

家庭保育園についての否定コメント

家庭保育園を使った結果、情緒豊かに、あるいは想像力豊かに育ってゆく、頭が良くなった等、いろいろすばらしいコメントがたくさん書かれてあるのをネットでもよく見かけると思います。しかし、家庭保育園について、すばらしい多くのコメントが書かれている中でも、否定的なコメントを書いている人もいます。

まず、このプログラムのすばらしさは、親と関わることがより多く出てくることです。このプログラムを、いわゆる一般のイメージの「天才を育てる」という言葉に、あまりに集中しすぎてスタートすると、結局その方向性で出来ていないことを知って、否定するかもしれません。それが否定的コメントに繋がってゆくのかもしれません。

子供を親の理想に従って、育てようとしても、うまく育ちません。自分の子供を頭よく、出来れば天才に育てあげようとしても、親のそんな思考がどこかにちらついていれば、このプログラムを使いこなすことが出来ないと思います。家庭保育園は、天才を育てる教育法ではありません。どんな教材でも、否定派と賛成派がありますが、それは教材を使いこなすことが出来るのか、否かというところにあるのです。子供は「遊び」が大好きです。つまり、学ぶ機会を遊びに当てはめながら、うまく家庭保育園を使いこなすことがポイントです。

家庭保育園を使いこなす

家庭保育園を使いこなすには、やはりちょっとした努力が必要です。よい内容のプログラムですが、親御さんが使いこなさないと、結果的に否定的なものになってしまいます。物事に、否定的な面はいつでもつきものですが、家庭保育園を使って、お子さんと一緒に学ぶことが楽しくなる方法を身につけてみましょう。家庭保育園のすべてのプログラムを使わなくてもいいのです。この中で興味のあるものを手にとって、お子さんと楽しく、楽しく学ぶ機会を作ればいいのです。それだけで十分です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です