肩こりと頭痛-耳鳴り・吐き気、病気の可能性とストレッチ解消法など

病気ブログ

肩こりによる原因で頭痛が発生してしまう事はよくあります。一見関係ないように見える両者の関係ですが、筋肉が硬直し凝りが発生してしまう訳で、当然首元の血流が悪くなると頭痛も伴ってしまうのです。肩こりを解消してあげれば、これに伴った頭痛も改善されますので、一石二鳥ではないのでしょうか。

Q:目の使い過ぎは肩こりや頭痛に繋がりますか?
A:合わないメガネ、長時間のパソコン・テレビゲームは、肩の凝りに繋がっています。

Q:薬は有効的ですか?
A:鎮痛剤は頭痛には良いですが、凝りには全く関係ないので、根本的な治療が必要です。

Q:肩こりにも良い薬はありますか?
A:凝りに影響がある筋力をほぐす効果がある薬も存在していますが、副作用も考えないといけません。

スポンサーリンク

肩こり・頭痛・その他の症状チェック

肩こり・頭痛の解消法

【運動による解消法】
体操などを用いた全身運動、肩甲骨を中心としたストレッチ、目の疲れを取る
【体を暖める解消法】
ぬるま湯にゆったりと浸かる、蒸しタオルで肩や目を暖める、カイロ等で患部を暖める
【その他の解消法】
ツボマッサージ、ストレス解消、環境の改善、健康的な生活

これらの方法で二つの悩みを解消する事ができるでしょう。

耳鳴り・肩こり・頭痛

肩に凝りが発生すると耳鳴りも同時に起きるという方もいます。この原因はリンパや血液の流れが悪くなると起こり、血液がどろどろになっている証拠です。運動したり、水分補給したり、油を摂り過ぎないようにしたりしたら良いでしょう。20代や30代といった女性も不摂生な生活をしていたら、症状が出ますので、気を付けて欲しいですね。

肩こり・頭痛・吐き気

ただの肩こりだと思ったら頭痛や吐き気やめまいが伴っているのでしたら、何かしらの疾患のサインの可能性があります。首や肩の原因不明の異常が発生した場合は、内臓疾患を疑った方が良いかもしれませんので、病院に行かれる事をお薦めします。ただのひどい肩こりによる影響かもしれませんが、もしもの事があって手遅れになってしまったら意味がありませんので、早めの対処が肝心になります。

肩こり・頭痛と病気の可能性

肩こりと頭痛はさまざまな病気や症状と密接な関係にあります。ただの凝りだと思っていたのが、吐き気を伴った「硬膜下血腫」、めまいを伴った「メニエール病」、だるさがある「顎関節炎」などがあります。放置していたら、ただの痛みだけではない症状も出る可能性がある事を覚えておいた方が良いでしょう。

肩こり・頭痛解消のストレッチ

肩こりとそれに伴う頭痛を解消するにはストレッチがお薦めです。筋肉の緊張や硬化から血流が悪くなり、凝りや痛みが発生しますので、筋肉を柔らかくしてあげる事は、とても重要な事です。20代や30代の人は、まだ若いからと思わずに、早いうちからストレッチを始めるようにすると良いですよ。

肩こりはただの凝りだと思わない方が良い

肩に凝りがある人は、疲れが出ただけだと思っている人が多いです。さまざまな病気や症状が伴っている可能性もありますし、そこに頭痛が起きているのなら内臓疾患の可能性だってあります。『ぐっすり寝たら治る』、『まだ若いから大丈夫』と考える20代・30代の女性は多いですが、何日も続くのでしたら、念のためにも病院に行かれる事をお薦めします。ちょっとでも異常があれば、早めに診て貰った方が、後で安心できますし、重大な病気から守ってくれるのです。年齢に関わらず、自分の体の事は気にかけておきましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です