肩こり体操-肩こりで困っている方必見!TVで紹介された簡単体操

肩こり 体操

テレビや雑誌でさまざまな肩こり体操が紹介されています。このような媒体で紹介されるものは、専門書で紹介されるものよりも簡単で誰でも出来るものになっています。わざわざ自分で肩こり体操やマッサージの方法を調べる人は少ないですから、テレビで簡単な方法を紹介してくれるのは有難いですね。

Q:たくさんの肩こり体操が紹介されていますが、どれが正しいのですか?
A:特にどれが良いか悪いのかではなく、自分に合っているかが大事で、合うものを探しましょう。

Q:基本的な運動だと何がお薦めですか?
A:体を柔らかくするストレッチ、負担の掛かりにくい水泳がお薦めです。

スポンサーリンク

金スマで紹介された「肩こり体操」

テレビ番組の金スマの中で紹介された肩こり体操の「あべこべ体操」は、いつも日常的な動きとは違う動きをして、筋肉を緩める体操になります。人間には癖がありまして、右利きなら右手、右足ばかりを使ってしまいがちで、体のバランスが悪くなり、それが凝りの原因になっていて、あべこべな動きをする事で、これを解消するのです。ですから、あべこべな動きは、慣れるまでは大変ですけど、慣れたら楽かもしれませんね。
【基本的な方法:頭と目と背中の動き】
椅子に座り、両手を組んで頭の後ろにします。
肘を開き背中を反らし頭を下げ目線は下へ、その逆に肘を閉じ背中を丸め頭を下げ目線を上へ。

その他にも色々ありますが、これだけでも首回りの筋肉を使いますので、肩こり体操として十分に使えますよ。

駆け込みドクターで紹介された「肩こり体操」

つい先日放送されたテレビ番組『駆け込みドクター』の中でも肩こり体操が紹介されていました。タイプ別の方法が紹介されていましたので、それを解説します。

【パソコンやゲームをよくする人である扉タイプ】
腕を後ろに伸ばして肩甲骨を寄せるようにして、腕を動かすのを一日数回行なう。

【体のバランスが悪いおじきタイプ】
基本的に腹筋を鍛えるのが大切で、仰向けになり膝を曲げへそを見る姿勢をキープするやり方がお薦め。

【五十肩の人が多いハの字タイプ】
片手ずつ手の平を上にして、大きく手を広げて円を描くようにして開き閉じを一日数回行なう。

たけしの家庭の医学で紹介された「肩こり体操」

「たけしの家庭の医学」肩甲骨を動かす肩こり体操が紹介されていました。人差し指を斜め上に伸ばして広背筋を鍛える運動、壁に足のかかと付けてつま先立ちをして、僧帽筋を柔らかくする運動などがありました。どれも簡単にできる方法なので、気軽にやってみるのが良いかもしれませんね。

肩こり体操をテレビや雑誌でチェック

テレビで紹介されている肩こり体操は、どれも単純で簡単にできるものばかりです。どの方法も年代に関わらず出来ますが、特に50代や60代といった外で運動したり、本格的な体操が厳しくなってきたりする年齢の人にお薦めだと思います。

また、肩こりに良い体操や運動を紹介しているのは、テレビだけではなく雑誌や専門書でも見る事ができます。そちらの方でも分かりやすく、イラストや図解で説明されていて、分かりやすいですし、テレビよりも専門的な内容が書かれている事が多いので色々とためになります。本を見る事も併せて体操すると良いかもしれませんよ。

<< 短時間でできる肩こり体操 >>

テレビや雑誌で紹介されている体操は、ほとんど誰でも簡単に手軽にできるものばかりで、制限されるものではありません。だからこそ多くの人に見られる媒体で紹介されていて、説得力があり、それなりの効果を期待できるのです。また、この手の番組はある程度歳を重ねた50代や60代の方に人気があり、その年代に向けた体操にもなっていますよ。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です