肩が痛い病気、石灰沈着性腱板炎-石灰沈着性腱板炎について知りたい

肩が痛い

石灰沈着性腱板炎と呼ばれる肩が痛い病気をご存知でしょうか。この肩が痛くなる病気の症状としては、突然、夜中にズキズキとした痛みが発生し、関節を動かす事が難しくなる病気です。石灰沈着性腱板炎が慢性化してしまったら、半年ぐらい症状が続いてしまうので、早く治さないといけません。

Q:運動が以外にも予防やリハビリ方法はありますか?
A:温熱療法が良いと言われていますので、入浴して体を温めてあげましょう。

Q:五十肩と似ている部分はどこですか?
A:表れる症状が似ていて、夜中に眠れない程の痛みが走る時があります。

スポンサーリンク

肩が痛い-肩の痛みと病気をチェック

肩が痛い病気と原因

肩腱板内にリン酸カルシウムの結晶が蓄積されていき、硬化する事によって発症する病気になります。蓄積されればされるほど痛みがありますので、早い処置が肝心となるでしょう。

肩が痛い病気の診断

40代・50代に多くみられる病気で、五十肩の症状と似ていますので、レントゲンの撮影で石灰の沈着を確かめ、位置や大きさも診断していきます。

肩が痛い病気の治療

この肩の痛くなる病気の治療は、激痛を早く取る為に針で吸引する方法を行ないますが、痛みが続き日常生活が困難な場合は、手術にて除去します。

その肩こり-肩の病気では?

単なる肩こりかと思ったら、全く違う病気だったという事があります。慢性型の石灰沈着性腱板炎なら、ちょっとした痛みが数ヶ月も続きますので、通常の肩こりと勘違いしてしまう事があるのです。だからこそ、病院で診て貰った方が良いのです。

肩の痛みには無理せず筋トレ

この病気の予防やリハビリに必要な事は、運動療法になります。特に筋肉を鍛える事が必要になってきますので、筋トレはとても大切になります。40代・50代の方だとリハビリ時の筋トレはキツイかもしれませんが、再発を阻止するためにも行った方が良いでしょう。

<< 病気に罹ると日常生活が困難になる >>

この肩が痛い病気になると、ただ痛いだけではなく、運動した時に痛さが増しますので、日常生活が困難になってしまいます。そうならないためにも日頃からの予防が大事で、体を温めて、よく運動しておく事が大事になりますよ。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です