顔のむくみ原因-水分・ストレス・リンパなど、朝のむくみの原因

顔 むくみ 原因

顔のむくみ原因として多くあげられるのは水分量の問題です。朝起きたときに顔のむくみがある場合には就寝前に採った水分量やアルコール量大きく影響していることが多いようです。また、顔のむくみ原因は場合によっては体調や寝るときの体制によってリンパの流れが滞ることによることもあります。

Q:朝顔がむくまないようにするためには寝る前に水分を摂らないほうが良いということですか?
A:寝ている間にも体は水分を蒸発してしまうため、まったく摂らずにに寝ると乾燥しやすくなってしまいます。適度に水分を補給してから就寝するほうが良いです。

Q:仕事柄どうしても夜遅くに食事を食べることが多いのですが、朝顔がむくんでしまうことに関係ありますか?
A:食べているものが塩分の高いものだと必要以上に水分を必要としてしまうため無意識に水分過多になっている可能性はあります。

Q:仕事が変わった途端朝目が覚めると顔が張っている気がするのですが関係ありますか?
A:顔のむくみ原因のひとつにストレスがあります。環境が変わったことによって無意識にストレスを感じて顔がむくんでしまっている可能性はあります。

スポンサーリンク

顔のむくみの原因をチェック・改善

朝の顔のむくみ原因

朝おきて顔がむくんでしまうことが多いという方の場合は就寝前に水分を摂りすぎている可能性が高いです。また、就寝の直前にお酒を飲む週間がある方も顔のむくみ原因になっている可能性が高いです。朝顔がむくみやすいという方は特に生活習慣をちょこっと見直すだけで顔のむくみ原因を改善することができることが多いです。

顔のむくみ原因はストレス?

肌荒れや体調不良にはストレスが関係することも少なくありませんが、実は一見無関係そうな顔のむくみ原因のひとつにストレスも挙げられるのです。人は過剰なストレスを感じると血行不良を引き起こすことがわかっています。血行不良はひとつの場所で起こると体全体の血行不良を招きます。血行不良はそのまま手足、顔のむくみ原因となり、顔が張っているような状態になってしまうこともあります。

顔のむくみ原因は水分?

体にある水分は普段生活しているときには自然と高いほうから低いほうへと移動していきますが、就寝時には全身にいきわたるように移動してしまいます。そのため普段あまり水分を溜め込むことのない顔にも必要以上に水分が溜まってしまい、水分摂取量が多いときにはむくみとして顕著に現れてしまうのです。こうして水分が顔のむくみ原因のひとつとなってしまうと考えられます。

顔のむくみ原因はリンパが関係?

顔のむくみ原因のひとつにリンパが関係します。リンパというのは本来体の中の毒素や老廃物など不要になったものを運ぶ役割も担っています。しかしそのリンパの流れが滞ってしまうと一時的にむくみを引き起こしてしまうのです。リンパの流れが悪くなってしまう原因はさまざまなものがあり、ストレスや食生活の乱れ、運動不足などが挙げられます。

顔のむくみ原因は不摂生が関係する

水分量にしてもリンパの流れにしても普段の生活の中で目立った不摂生があると大きく影響を与えます。日常生活のなかでストレスを感じることがあるのは仕方ありませんが、不摂生に関してはある程度コントロールできることなので顔のむくみ原因を自分で減らすことは可能です。できるだけ就寝直前の食事やアルコール摂取は控えるようにし、コップ一杯程度の水分補給にしておくのがベストです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です