お世話になった人へ感謝を込めて贈り物をしよう 贈る品物について

誕生日プレゼント 4

恋人同士で贈り物をすることはなくなっていませんが、最近ではお中元やお歳暮といったお世話になった人へ感謝を込めて贈る「感謝の贈り物」をしない人が増えました。年賀状が減ってきたように、お世話になった人へ感謝を込めての「感謝の贈り物」さえも省略されてだんだん減ってきているのです。また、「感謝の贈り物」を贈る場合でも、約束事やマナーも知らない人が増えてきました。約束事やマナーがあってこそ、お世話になった人へ感謝を込めていることが伝わるとも言えますので、適当に済ませてはいけません。ここでは、日頃の感謝の気持ちを込めてする「感謝の贈り物」をする時に気をつけたいことをあげてみました。

スポンサーリンク

お世話になった人への贈り物について

Q:お中元とお歳暮の違いは何ですか?
A:基本的には日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちを現すためにおこなわれてきたという点では同じです。お中元は、夏の暑い盛りにお相手の健康を願いながら、お歳暮は一年の締めくくりのごあいさつという意味合いが濃くなります。

Q:お中元とお歳暮で贈り物の価格は違いますか?
A:決まり事としてはありませんが、一年の最後ということからお歳暮の方がより高額な商品を選ぶ人が多いようです。

Q:お中元とお歳暮で贈り物の内容は違いますか?
A:季節柄、お中元にはビールやそうめん、フルーツなどの涼しさを感じさせるものが、またお歳暮では年末年始に家族で楽しんでいただけるようなカニやハム、昆布などが人気です。とくに嗜好を知っている相手には、いつも決まった商品を贈ることも少なくありません。

「感謝の贈り物」をする時のマナー

「感謝の贈り物」をする時のマナーの中で、ももっとも重要と考えられているのは時期です。お中元やお歳暮は、だいたい夏前と年度末ですが、細かな時期は地域によっても若干の違いがあります。あまり神経質になる必要もありませんが、いずれにしても遅くなるのはあまり良くありませんね。良いと思うことでも時期を逃せば失礼にあたることもあるのです。特に、お世話になった人へ感謝を込めて贈る場合には気をつけましょう。また、最近では百貨店などから一斉に宅急便で「感謝の贈り物」を贈ることが多くなりましたが、お世話になった人へ感謝を込めて一筆入れる、またあらかじめ連絡をするなどの心遣いがあると良いでしょう。

誰まで贈るとよいか

日頃お世話になった人へ感謝を込めてということはとても曖昧なもので、実際には誰から誰までに「感謝の贈り物」をすれば良いのかわかりづらいものです。親戚やお仲人様、会社関係の方など絶対に外せない人は、あらかじめ家族でよく確認をしておきましょう。それ以外の人に「感謝の贈り物」をする場合には、今年特にお世話になった人へ感謝を込めて贈る人リストを作っておいても便利です。とてもお世話になった人へ感謝を込めて贈りたいという素直な気持ちが、きちんと伝えるためにはある程度の約束事やマナーを守ることは社会人として当たり前のことです。
わからないことは両親や年上の人に聞きながら進めていきましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です