過換気症候群-芸能人の症例は?原因や治療法、薬について知りたい

過換気症候群

過換気症候群は、心身の不安が原因で引き起こされる心身症の一種です。近年、芸能人が罹患していることなどから広く知られるようになりました。症状を抑える方法は分かっているものの、病気そのものの治療法は確立されておらず、原因も人それぞれとされています。

スポンサーリンク

過換気症候群について

Q:過換気症候群にかかっている芸能人って?

A:最も大きな話題となったのは、Kinki Kidsの堂本剛さんでしょう。パニック障害も患っているとの事ですが、コンビを組んでいる堂本光一さんや、スタッフの支えもあり、仕事はこなせているようです。お笑いコンビ「オードリー」のツッコミ、若林さんも病気を告白しています。

Q:過換気症候群の原因は?

A:心に強いストレス、不安を感じた時に発症するとされています。激しい運動を行った後に発症する過呼吸と症状は同じですが、別の病気として診断されます。パニック障害を持っている人は併発することが多いようです。

Q:どんな人がかかりやすいの?

A:男性よりは女性に多い病気とされています。年齢に大きな偏りはありませんが、比較的成人女性に多い傾向はあります。大人の男性でも発症する例は少なくありません。

過換気症候群の芸能人

この病気の存在が広く認知されるようになったのはここ十年くらいの話でしょうか。テレビで活躍している人気芸能人が病気を告白したことにより、その存在が広まりました。

小柳ルミ子さん、森昌子さんもパニック障害と並行して症状に悩まされていたことが報道されています。


過換気症候群にはカルシウム

過換気症候群は、呼吸が荒く激しくなる事によって血中の二酸化炭素濃度が著しく低下し、血液がアルカリ性に傾くことでめまいや息苦しさを覚える病気ですが、これが原因となって起こるもう一つの症状が、低カルシウム症です。

血中のカルシウムイオンが減少する事で、手足のしびれや痙攣を引き起こし、重篤な症状に陥る事もあります。

過換気症候群の原因・薬・治療法

ストレスからくる心身症の一種なため、原因は人によってそれぞれです。カウンセリングだけでは明確な原因が分からない事も珍しくありません。

このため、薬などの効率良い治療法がないとされ、カウンセラーや専門医による行動認知療法などが広く行われています。不安状態が長く続く場合は抗不安薬などの処方も行われます。

また、パニック障害を併発していることが多いため、その治療法が取られるケースがあります。症状自体は、自家呼吸などで二酸化炭素を供給すれば治まります。


過換気症候群とは

単に過呼吸と言うだけなら、経験したことがある人は少なくありません。激しい運動の後や怪我、出産の際に息切れしていたらいつのまにか過呼吸になり、手足がしびれている事があります。

過換気症候群は、こうした症状が運動をしていない時、何らかのストレスが原因となって出てしまうものです。

また、パニック障害を患っている人は、症状の一つとして過換気症候群になることが少なくありません。このため、病気を完全に克服するためにはストレス因子を取り除くか、自分自身がそのストレスに耐えられるようリハビリを行わなければなりません。

しかし、多くの芸能人が仕事をしながら病気を克服しているように、決して治らない病気ではありません。

もちろん、周りのサポートが必要な場合もありますが、あまりくよくよと悩まず、目の前の日常を前向きに受け入れて行くことが大切です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です