回転性めまい-病院は何科?原因はストレス?吐き気や非回転性めまい

回転性めまい

天井を見上げたり壁を見たときにぐるぐると回っているようにみえてしまうめまいを回転性めまいといいます。回転性めまいは一時的なものから体調によってはしばらくぐるぐるした状態が続いてしまう場合があります。乗り物酔いをしたような感覚になることから吐き気を覚えることもあります。

Q:風邪で寝込んでいるときにふと目をあけたら天井がぐるぐるして見えました。これもめまいですか?
A:回転性めまいの症状である可能性が高いです。

Q:めまいでぐるぐるしている感覚になると同時に吐き気を感じました。めまいと関係ありますか?
A:めまいによって酔っている状態になり吐き気を感じることがあります。

スポンサーリンク

回転性めまいとは?症状・原因をチェック

回転性めまいの原因

回転性めまいを引き起こす原因になっているのは耳の中にある三半規管という場所であることがほとんどです。三半規管は体の傾きを感じ取って脳にその情報を送る役割をしますが、炎症や耳石の混入などによって正常な情報を送れなくなってしまいます。そうすると立っているという状態を脳が理解できずめまいという症状を生じさせます。

回転性めまいとストレス

ストレスを強く感じたり、長期間に渡ってストレスを感じ続けることで自律神経に負荷がかかり、さまざまな機能低下を招きます。自律神経のトラブルの影響でリンパ液の量が増大し、その量をコントロールできなくなってしまうことで耳の中にある三半規管の機能を乱すため、回転性めまいを引き起こすことがあります。直接三半規管に影響を与えないとしてもストレスそのものがめまいを引き起こす原因になる可能性もあります。

非回転性めまいとは

回転性めまいに対して非回転性めまいというものがあります。これは浮動性めまいや立ちくらみに分類されるものです。回転性めまいは見た場所がぐるぐると回っているようにみえるものですが、非回転性めまいは実際に自分自身がふらふらとまっすぐに立っていられない状態です。

回転性めまいと吐き気

回転性めまいの症状がでると見たものがぐるぐると回っているとうに見えるだけではなく、脳もぐるぐるしているという間違った判断をしてしまいます。そのためメリーゴーランドや乗り物に乗っているという感覚になり酔ってしまうため吐き気を一緒に感じてしまうことがあるのです。特に風邪を引いているときなど体力が低下しているときには回転性めまいによって吐き気を感じるだけではなく嘔吐してしまう場合もあります。

回転性めまいは何科で受診?

めまいが起きても何科を受診するべきかという判断は自分ではなかなか難しいものです。同じめまいでも原因によっては何科を受診するかが変わってくるため症状にも注目する必要があります。最近ではめまい専門のクリニックなどもあるため、近くにそういったクリニックがあれば一番間違いなさそうです。専門のクリニックがない場合でも回転性めまいのような耳の中が原因となる可能性が高い場合にはまずは耳鼻科を受診して指示を仰ぐと安心です。

ぐるぐるするめまいでも対処はさまざま

回転性めまいだとぐるぐるするめまいでわかったとしてもその原因はひとつではありません。三半規管の問題かもしれないし、自律神経のトラブルかもしれません。また、耳石が原因となっている可能性もあります。またもっとひどい場合には病気が関係している可能性もあるため回転性めまいが頻繁に起こるようであれば必ず病院で診断を受けてください。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です