社会人のマナー!失敗しない会社を辞めるタイミングの見分け方とは?

仕事,ブログ

会社を辞めるタイミングに、いつが良いという答えはありません。
会社からすれば、お金と時間をかけて、従業員を成長させ、企業力を高めるということから、なるべく早めに伝えるのが良いと言われています。

従業員の都合でいくと、

  • ボーナスを貰ったあと
  • プロジェクトなど、大きな仕事が終わったとき

などが多く挙げられます。これは、ボーナスを貰った後というのはよくある話で、ボーナスより前に辞めてしまうと、それまでの実績である評価としてボーナスを受け取ることが出来なくなってしまうため、貰えるものは貰っておこうという考えでしょう。プロジェクトなどが一段落したときというのは、仕事や会社に対して迷惑をかけないという気持ちが表れていると言えます。

スポンサーリンク

会社を辞めるタイミング

上記以外の理由で大きいのは、企業が採用活動を積極的にする時期も考えておく必要があります。

多くの人が、会社を辞めたいと行動に移す時期は、ある程度時期が固まってきます。これは、ボーナスを貰ったあとや、年や年度の変わる時期も多いのが実情です。そのため、これらの時期の前後では、企業からの求人が増えるため、転職する予定であれば、採用が増える時期を見据えて、会社を辞めたいと伝えるタイミングだと言えます。

ボーナスを貰ったり、プロジェクトが一段落つくなどは、一時的なものです。

しかし、これからの長い職業人生で、どんな仕事に就けるのか、転職しやすいタイミングを見据えて行動することで、より良い人生を送ることが可能になります。

誰しも、会社を辞めたいと思ったことは少なからずあると思います。

仕事を辞めるべきかどうか、慎重に検討を重ね、いざ、仕事を辞めたいことを会社に伝えるとき、どんなタイミングで伝えるべきでしょうか?

仕事を辞めたいことを伝えるタイミング、みなさん様々ですが、

  • すぐにでも仕事を辞めたいので、早めに伝える
  • 大事なプロジェクトなど、大きな仕事を抱えており、仕事が一段落したとき
  • ボーナスや給与を貰ったあと
  • 電話やメール、FAX、最近ではLINE(ライン)などで伝える

どれも、自分本意な理由がほとんどです。

社会人である以上、最低限のマナーは必須です。
ほとんどの会社が会社を辞める2週間から1か月前までに仕事を辞めることを伝えることになっています。この理由は、仕事を辞めた後、その仕事を誰かが引き継ぐことになるため、誰かに仕事を引き継いだり、仕事を引き継げる人が社内にいなければ、採用活動をする必要があります。

仕事を辞めるタイミングはいつがいいのか?
このような質問はありますが、会社にとっては、いつ辞めてもらうのがいいのでしょうか?

会社は従業員に、仕事の対価として給与を支払っています。

会社は従業員が成長することで企業力を上げるため、従業員のステップアップ出来る環境を整えたり、従業員が成長できるよう様々な努力をしています。仕事を辞めたいと思っている人間を育てるよりも、新しい従業員を成長させる方が会社にとってはメリットがあるため、仕事を辞めたいという意思を伝える時期はなるべく早い方がいいということになります。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です