会社を上手に辞める方法!退職する前にまずは転職先を探すのが鉄則

仕事,ブログ

会社を辞めたいと伝えるとき、出来ることなら、すぐにでも会社を辞めたいと誰もが思うことです。
しかし、余程の理由がない限り、このようなことが許されるわけではありません。
それにも関らず、会社へ退職の意思を告げて、すぐに辞めてしまう人も後を絶たないのです。テレビドラマではよくありがちなシーンですが、実際には、労働基準法で2週間前までに伝えることとされています。会社の規定では、退職の1カ月前までに伝えることとなっている会社も数多くあります。

これは、仕事をしていれば当然ですが、会社を辞めることで、その仕事を誰かが引き継がなくてはなりません。
そのため会社は、その仕事を引き継ぐ人がいる場合は、その人に仕事を引き継がせるよう手続きを進めますし、仕事を引き継ぐ人がいなければ、仕事を引き継ぐ人を採用するところからスタートします。

スポンサーリンク

転職先を探して会社を上手に辞めよう

上手な仕事の辞め方は、仕事をスムーズに引き継ぐことが最も重要なポイントとなります。

仕事を引き継ぐだけでも、ある程度の時間は必要ですし、新たに人を採用するとなると長期的な話になりかねません。ここで、自分の都合だけを伝えたり、新しい会社が早く来てほしいという言葉を優先させてしまったりすることは得策ではありません。

最後に、お世話になった人だけでなく、自分と関わってくれた人にもきちんと退職のあ札をすることです。

立つ鳥跡を濁さず。という言葉の通り、仕事を辞める際には、様々な点に十分留意が必要です。

まず仕事を辞めたいと考えるとき、何が一番重要でしょうか?
まずは、仕事を辞めた後のことが何よりも重要です。転職をする場合、次の会社への入社が確実かどうかは確認しておく必要がある。あまり、安易に面接での感触が良かったなど、不確定な状態ではお勧めできません。

万が一、転職先が決まっていなかったとしたら、あなたの生活はどうなってしまうでしょうか?
ある程度の貯金があれば、取り崩しながら生活出来るかもしれません。失業手当を受けながら、ある程度長期戦を覚悟しているかもしれません。退職金を当てにしているかもしれません。

しかし、必ず思い通りの転職ができるかどうかは誰にも分かりません。

転職できることが確実であれば問題ありませんが、転職活動中であれば、そんな事実はどこにもないのです。それでも、転職先が見つかれば問題ありませんが、転職活動を続けながら、貯金や生活資金が尽きてくると、やりたい仕事を探すよりも、生活していくためにお金を稼ぐことが優先してしまうため、当初の予定とは裏腹に、自分が望む転職先が見つからないまま、とりあえずの転職を余儀なくされることにもなりかねません。

転職活動の鉄則は、仕事をしている最中に行うこと。転職先が決まってから仕事を辞めることを伝えること。

この2点です。しかし、この2点、重要であることを分かっているにも関わらず、守られていない人が多いのも事実です。転職先が見つからないということにならないよう、転職活動の順番は守るように心がけましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です