角を立てずに会社に仕事を辞めたい理由を上手に伝える方法とは?

仕事,ブログ

あなたは仕事を辞めたいと会社に伝えるとき、転職の際の面接を受けるときに、仕事を辞めた理由を正直に伝えますか?それともタテマエで伝えますか?仕事を辞めたいと思う理由はほとんどがネガティブな理由が原因です。そのため、仕事を辞めたい理由を正直に伝えることは得策ではありません。
ただし、あまりに嘘を並べ立てることも得策ではありません。
仕事を辞めたいということを上手に伝えるには、言うべきことと言わざるべきことをきちんと整理しておくことです。また、本音ではネガティブな理由で会社を辞めたいと思っても、会社を辞めたい理由を整理していると、本当は前向きな理由に変換できることもあります。

  • どうして会社を辞めたいと思ったか。
  • なぜ、そう思ったのか。
  • 自分のやりたいことは何なのか。
  • 会社を辞めて、他の会社では、自分のやりたいことができるのか。

会社を辞めたいと思った理由を突き詰めていくことで、自分がこれからどうしたいのかが見えてくるようになります。ここでじっくりと考えることで、もしかすると、会社を辞めなくてもいいと思えるようになるかもしれません。会社を辞めて転職をすることが正しい判断であるとも限りません。じっくりと会社を辞めたい理由を整理することで、今の会社で頑張るべきなのか、会社を辞めて新しいフィールドで努力するべきなのかがみえてくるのです。

安易な理由で会社を辞めたいと転職活動をしている人もいます。

しかし、安易な考えて転職活動をしたとしても同じ結果になってしまうこともよくあります。会社を辞めたい理由のタテマエとは、嘘ではなく、本音を整理することで本質を見出す事なのです。

スポンサーリンク

会社・仕事を止めたい理由と伝え方

会社を辞めたいということを会社に伝えるとき、転職の際に面接を受けるとき、あなたは退職の理由をどのように伝えていますか?
正直ではなく、多少、脚色を加えることもあると思いますが、その場しのぎの話をしてしまうと、つじつまが合わなくなって困ったという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

会社を辞めたいという理由だけではなく、話を伝える、考えを伝える際には、ストーリーを持たせることで相手に伝わりやすくなります。

ストーリーを持たせるとはどういうことでしょうか。
まずは、会社を辞めたい理由をできる限り書いてみましょう。不満に思うこと、嫌なこと、将来性が見えないなど、細かいものも含めてたくさん書きだします。次に、自分が会社や仕事に求める理想を書き出します。やりがいのある仕事をやりたい、社会に貢献できる仕事をしたい、職場環境がいいところで働きたい、ステップアップしたいなどです。そして、会社を辞めたい理由と自分が会社や仕事に求める理想を比較します。

ここで、矛盾はないか?会社を辞めたい理由と自分が求める理想のバランスはどうか?

ストーリーを持たせるということは、話に起承転結をつけるということです。ここで、矛盾があるとつじつまが合わなくなってしまいます。

また、会社を辞めたいと誰かに伝える場合には、できれば前向きな内容で伝えたいものです。

そのため、会社や仕事に対する不満ばかりで、自分がどうしたいのかがあまりないのでは、短絡的に嫌だから仕事を辞めるのだと捕えられかねません。会社を辞めたい理由を上手に伝えるために、前向きなストーリー性を持たせた理由を考えましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です