会社の不当解雇で泣き寝入りしないため‥まずは証拠集めから始めよう

仕事,ブログ

不当解雇に対抗するための証拠とは
やりたい仕事を見つけたり、違う職種で頑張りたいなど、前向きな理由がある一方で、セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントなどが理由として挙げられることもあります。
セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントは、証拠がなければ証明することができません。仕事を辞めて、泣き寝入りしてしまう人も多い中、最近では、きちんと証拠を集めて、自分の正当な権利を主張する人たちも増えてきました。

証拠とはどのようなものが有効でしょうか。
セクシュアルハラスメントやパワーハラスメント、不当な解雇など、これらに関連する会話や暴言について録音をしておくというのが多くなってきました。公益通報者保護法に基づいて考えた場合、これらの会話を録音すること自体は何ら罰を受けたり、不法行為に該当したりすることはありません。

もし、録音するという行為を罰せられることがあるとすれば、録音したデータを労働問題や犯罪取り締まりを所管する官公庁以外に公開した場合でしょう。

さらには、録音したデータを紛失してしまったり、外部に流出してしまったりした場合も、機密情報の漏えいという犯罪行為に当たり、罰せられることになります。

多くの人がこれらの問題に泣き寝入りしている中、勇気を持って自分の権利を守ることは誰にも罰せられるべきものではありません。

しかし、やり方を誤ってしまうと、自分自身に降りかかってしまうので、これらの行為を行う際は慎重に行動をするようにしましょう。

最近では、これらの問題に対して、いろいろとアドバイスをしている情報がありますが、注意しなければならないのは、自分で訴えたり、自分で会社に掛け合ったりしないようにすることです。
誤ったやり方をしてしまうと、会社に対する脅迫とみなされる恐れがあるためです。労働環境やセクシュアルハラスメントやパワーハラスメント、不当解雇などを会社に対して是正措置の要求や是正勧告をするには、それなりの公的組織が行わなければなりません。

これらの行動を起こすためには、証拠となる録音したデータや撮影したデータ、労働時間の問題であればそれらに関するデータを持って、専門機関や専門家である厚生労働省や労働基準監督署、警察署や弁護士に相談することになります。
こちらに正当な権利があると判断されれば、相談した機関などが次に起こすべき対応について話し合いをすることになるでしょう。

証拠となるべきデータなどの取り扱いにも十分注意が必要です。

これらのデータを紛失してしまったり、本来相談すべき専門機関以外に流出してしまったりすることは、機密情報の漏えいということになり犯罪行為になってしまいます。自分の権利を守るためには、適切な手段をとるように行動する必要があります。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です