会社で公正に評価をもらいキャリアアップするための方法とは?

仕事,ブログ

あなたの会社では定期的に昇進できる仕組みがありますか?公正に評価をする仕組みがありますか?一般論ですが、男性は昇進して役職が就くことに重きを置き、女性は評価をされることに重きを置いています。これは、男性と女性での社会の役割の違いが影響していると思われます。いまだに女性の管理職は少ないのが現状ですが、女性の場合、役職が就くことよりも、仕事や気配りに対して評価をしてもらうことで満足を得ているようです。

反対に、男性の場合は、地位や社会的責任に対する執着が根強く残っているようです。
若くても、役職が就いていることで、一目を置かれることにもなり、年齢よりも役職によって対応が変わってくるのが一般的です。

また、昇進する仕組みや制度に対しての不満も多く挙げられます。

いくら努力をして成果を上げても、昇進する仕組みや正当に評価する仕組みがないため、昇進できなかったケースや、自分の方が成果を上げたのに他の人間が昇進したケースなど、自分の期待と実際の評価の結果にギャップが出てしまうため、不満やストレスに感じてしまうのです。

この不満やストレスが積み重なることで、次第に会社を辞めたい、正当な評価をしてくれる会社で働きたいという思いがわいてくることにつながります。

給与になかなか反映されない不況下において、せめて昇進や評価で心を満たせるような職場で働きたいものです。ただし、この昇進や評価については、入社するまでなかなか分からないので、仕事を辞めたいと判断し転職を考える際には、慎重に判断しましょう。

景気の不安定さから、会社に対する成長性、給与の先行きの暗さのため、キャリアアップして給与アップを目指したり、やりがいのある仕事をしたいと、資格取得を頑張る人も多いです。
事務的な資格や営業ですぐ使えそうな資格など、多くの人が自分自身のキャリアアップを目指して努力しています。また、一般的な資格だけでなく、社内のキャリアアップ制度の一環として社内資格制度を取り入れている会社も増え、仕事のやりがい、給与アップなどのために努力しています。

しかし、この努力が報われないと嘆き、仕事を辞めたいと考える人も少なくありません。

取得した資格を生かしたいと転職をする人は多いですが、必ずしも転職先で資格が活かせる仕事に就けるとは限らないのです。

これは転職するときだけに限られたものではなく、社内での異動や職種の変更をしたいと願い出る場合も同様です。

キャリアアップ、スキルアップをしたいと、資格取得をする際、気をつけたいのが、生かしやすい資格かどうかです。せっかく努力をしても生かせるフィールドがなければ意味がありません。長い人生、多くの時間を仕事に費やすことになります。仕事でキャリアアップし、充実した毎日を送りたいと誰しも思うはずです。キャリアアップできない環境に嘆いて、仕事を辞めたいと悩まず、自分自身のキャリア形成を考え、キャリアアップの方法や活かせるフィールを見定め、着実に一歩一歩努力を積み重ねていきましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です