階段での息切れ-肥満も原因のひとつ、動悸や貧血などの症状と病気

階段 息切れ

階段での息切れ-肥満も原因のひとつ、動悸や貧血などの症状と病気
これまで普通に使用していた階段の昇り降りで息切れするようになれば、もう年を取ったのだなとがっかりするかもしれません。しかし、なにか別の病気のような原因がある場合もあります。勝手に予断しないで精密検査をうけるのもいいでしょう。

Q:階段で息切れすることがあるのはなぜですか?
A:平坦な場所を歩く時よりも階段を昇り降りする時の方が体には負担がかかります。これまで平気だった階段でも、ある時を境に息切れし始めることもありびっくりするものです。また、座った状態から立ち上がるだけで息切れしてしまうケースもあります。

Q:これまで大丈夫だった階段で息切れするようになるのはなぜですか?
A:人間の体はコンディションを維持していないと体力が落ちることがあります。40代50代と年齢を重ねると、これまで平気だったことができなくなるのです。また、知らず知らずのうちに体の中で病気が進行していることもあるでしょう。そういう気がつかない隠れた病気は、発見時はとてもショックですが、早目に治ればそのほうがいいのです。

Q:息切れしてショックを受けたらどうしたらいいですか?
A:これまで昇り降りしてもなんともなかった階段で息切れするようになることがあります。変化は柔軟な気持ちで受け入れましょう。以前できていたことを考えてくよくよするよりも、今できることに目を留めて感謝の気持ちをもつのです。

スポンサーリンク

階段で息切れする原因と症状

階段での息切れは肥満が原因?

【階段での息切れは肥満から】
これまでなんともなかった階段の昇り降りで息切れするようになったら要チェックです。もしかしたら肥満から来ているのかもしれません。肥満になると体重を支えきれずに心臓に負担がかかるようになり、息切れが発生するのです。

【階段で息切れしたら肥満度チェック】
階段で息切れするようになったら、肥満度チェックをしてみましょう。BMI指数という測り方があります。医学的に測定して自分のコンディションを理解するのは賢明です。

階段での息切れと動悸

階段の昇り降りで息切れだけでなく動悸もするようであれば、心臓の病気でないか調べてみましょう。軽い不整脈といったぐらいならいいのですが、心不全や心筋梗塞といった重篤な病気が隠れていないか、検査したいものです。

階段で息切れする原因

階段の昇り降りで息切れするようになった原因はいろいろ考えられます。ビールの飲み過ぎから肥満になり心臓に負担がかかり始めているのかもしれませんし、タバコの吸い過ぎから肺のコンディションが最悪になっているのかもしれません。いずれにしても何か原因があるはずですが、その原因がわかった時に向き合えるかが重要です。

階段で息切れするのは病気?

通勤電車に乗り遅れそうになり階段を駆け上がった途端に息切れがひどくなれば、原因を知りたいと思うはずです。単なるスタミナ不足ではなく何かの病気があるのかもしれません。40代や50代ともなると年齢に応じて息切れもひどくなるでしょう。年には勝てないのかもしれません。

階段で息切れと貧血

階段の昇り降りでいつも息切れしてきたという若い人なら、貧血が原因なのかもしれません。10代や20代でも貧血がひどいと思うように活動できずにくやしい思いをすることが多いのです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です