2015年の花粉症-2015年の花粉の傾向は?花粉症の症状・対策

花粉症 2015年

地域によっても違いますが、東京や大阪では2015年の花粉は2014年よりも飛散量が増えるようです。花粉症の症状は重症化すると頭痛や発熱を引き起こすこともあり、日常生活をしていくうえで悩まされることもあります。また、花粉症患者が年々増加傾向にあるのに対して、薬を使わずに食べ物に工夫をした花粉症への対策も考えられています。

Q:母が花粉症です。遺伝しますか?
A:基本的には花粉症は遺伝性のものではないといわれています。

Q:花粉症用の薬をもらったのですが、飲むと眠くなってしまって仕事になりません。どうしたら良いですか?
A:医師にその旨を伝えれば別の薬を処方してもらうことができるはずです。

Q:薬を毎日飲んでいるせいか胃が荒れてきました。薬を飲む以外で方法はありますか?
A:最近は食べ物による症状改善が話題になっています。だめもとで食事療法にトライしてみても良いのではないでしょうか。

Q:今年花粉症デビューです。花粉症は一年中でしょうか?
A:人によって症状が出る花粉の種類が異なります。ほとんどの場合、春か秋にのみ症状が出ます。

スポンサーリンク

2015年の花粉症の傾向と対策

花粉症 症状 対策 2015年

花粉症 2015年

毎年11月前後には翌年の花粉の飛散開始時期や傾向が発表されます。2015年の花粉の飛散予想も2014年の10月08日には第一報が発表されていました。予想では2015年は2014年に比べ、大阪で約1.5倍、東京では約2倍の飛散量が予測されています。大都市では特にマスクなどの花粉対策が欠かせない2015年となりそうです。

花粉の飛散量は温度や湿度によっても異なりますが、地域でもその量は変わってきます。例年、九州地方の花粉の飛散量は3月がピークとなるため4月に入るとだいぶ落ち着きます。しかし近畿・東海・関東は4月に入ってさらに飛散量は増え、花粉症の方にはストレスとなります。5月、6月になるとだいぶおちついてきますが、今度は東北や北海道の飛散量がピークを迎えます。

花粉症の症状

花粉症の症状は風邪に似たものが多いことから花粉症であることに気付いていないという方も多いようです。花粉症の症状として多くみられるのは鼻水、鼻づまり、くしゃみです。鼻水はサラサラしているもので目にもかゆみを感じるといったものです。2014年も変わらず鼻に関係する花粉症の症状を訴えている方は多いようでした。それらが毎年同じような時期になると決まって症状として現れるとなるとかなり花粉症である可能性が高まります。

そもそも花粉症はアレルギー反応の一種でそのアレルギーを撃退しようと鼻や目は戦っている状態なのです。しかし、風邪などとは異なり、撃退しているそばから新たな原因となる花粉が付着してしまうため飛散している間はずっと症状があらわれてしまうのです。

さらには、のどに関する症状もあります。なぜなら鼻がつまることによって口呼吸する回数がふえ、乾燥を招いたり口から花粉が入りのどや器官に付着してしまうことがあるからです。のどに付着した花粉は炎症や痒みを引き起こし、器官まで届いた花粉は咳が出やすい状態を作ってしまいます。2014年に限らずですが、風邪と間違えやすいのどの症状に花粉症か風邪かと判断に困っている方も多いようです。

花粉症の対策

花粉症の対策として一般的なものはマスクを装着することや薬を予め服用しておくことなどが一般的ですが、そのほかにも症状が出る前の対策として、外出からの帰宅後に家の中に花粉を持ち込まないようにするという方法があります。衣服や散歩後のペットなども家に入る前にブラッシングしておくことで最低限の花粉の量に抑えることができるため、家の中でできるだけ花粉症の症状が出ないように対策することができます。

また、花粉症対策は体に使うものから家の中で使えるものまで用途は幅広くあります。体に使えるもので人気があるのはスプレータイプの花粉をブロックするポレノンです。ペクチンが含まれているので花粉を吸着して鼻や目から入らないようにブロックしてくれます。家の中で使える最新対策グッズはレイコップという布団用クリーナーです。レイコップは見えないホコリはもちろん、ダニや花粉も吸い込む強力なクリーナーで無謀部になりやすい布団のうえもクリーンにします。

花粉症対策の食べ物

毎年花粉症対策になる食べ物が話題になっていますが、今話題になっている食べ物はレンコンです。レンコンは抗アレルギー効果がある食べ物だとしてテレビや雑誌でも注目されています。あくまで花粉症のアレルギー反応を抑える働きが期待できるというだけで完全に治す効果まではないそうですが、一時的にも花粉症の症状を和らげてくれるとすればかなり優秀な食べ物だといえるのではないでしょうか。

また、花粉症に実はヨーグルトが効果的だったという情報をテレビや雑誌で目にした方も少なくないはずです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は整腸効果だけではなく、アレルギー症状の改善効果も期待できるということで注目されています。ただし、即効性のあるものではなく、長期間定期的に摂取することで少しずつ症状が緩和傾向に向かうというレベルなので今日食べて明日には効果が得られるというわけではありません。

花粉症の薬とサプリメント

花粉症の原因ともいわれているヒスタミンは神経などを刺激することで特有の症状を引き起こします。そのヒスタミンを抑えるために医師から処方されるのが抗アレルギー薬です。抗アレルギー薬は病院によって扱っているものは異なり、その種類もかなり多く症状や体質によって処方されるものが違います。目薬などは市販のものと比べても病院で処方されるものは副作用が極力少ないものばかりで安心して使用できます。

花粉症対策の薬もだいぶ昔に比べると増えているようですが、2014年でいうと、花粉症対策の薬のCMも増えていたように感じます。嵐の大野さんが出演しているCMでおなじみのアレグラや武井咲さんがCM出演しているアレジオンはそういった花粉症対策の薬のなかでも人気があるようですね。

また、サプリメントは海外の花粉症対策としても用いられており、アメリカやヨーロッパで人気の花粉対策のサプリメントが日本でも口コミで広まっているのです。ダグラスラボラトリーズが販売しているサプリメントにはヒスタミンを抑える効果が期待されるケルセチンという成分と炎症を和らげるマグネシウム、症状を悪化させる原因になるフィブリンを分解するパイナップル抽出物という3つの成分がメインで配合されています。根本的に花粉症を治すものではありませんが、症状を和らげてくれるサプリメントとしてはかなり注目度の高いものになっています。

花粉症の時期といつまで続く?

花粉症は原因となる花粉の飛散時期に応じて症状が現れます。一般的に2月の頭から梅雨前までの時期に飛散しているのはスギやヒノキです。また、秋の花粉といわれるブタクサやヨモギが飛散する時期は8月の中旬から10月の頭ごろまでです。

ピークを迎えると本当につらい花粉症ですが、いったいいつまでこのつらい日が続くのかというのは気になる点です。3月中旬頃にはピークを迎える春の花粉はスギがだいたい4月末ごろまでで、ヒノキが5月末ごろまでだと予想されています。風が強く、湿度が低いと花粉の飛散量が増すため、雨が降り出すとだいぶ落ち着くはずです。

しかし実は花粉というのは量は減っても一年中なんかしらの花粉が飛散しているので花粉に敏感な方はだいぶあとを引くことになりそうです。

花粉症の治療

花粉症の治療というのはあくまでも症状を緩和することを意味し、完治するという方法はまだ確立されていません。舌下免疫治療のように再発が防げるといわれている治療法もありますが、これもまたまだ確立されるには実績数が足りず、保険も適応外ということでなかなか一般的な治療法とはならないようです。

保険適応外ということもあり、舌下免疫治療のような特殊な治療法はなかなか一般的なものになるまで時間はかかりますが、こういった特殊な治療法が当たり前に受けられるようになれば花粉症も治らないものではなくなる日が来るはずです。しかし、それまでにはまだ時間もかかるため、サプリメントや食べ物による体に負担の少ない長期的な症状緩和方法を取り入れて上手に花粉症と付き合っていく必要があります。

個々の花粉症対策

花粉症対策の方法は人それぞれ異なりますが、大体の方が「あっ花粉症かも」と気づいたときに対策を始めるのではないでしょうか?そういった方が多い中で、1ヶ月2ヶ月前から甜茶やシソ茶などを取り入れて現れる症状を軽減させている方もいるのです。効果は個人差があるようですが、こうすることで花粉が舞い始めてからの症状が例年よりも軽くなったという方もいるそうです。翌年の花粉飛散開始時期を確認し、その1,2ヶ月前から対策をはじめるというのも花粉症と付き合っていくひとつの手段といえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です