女性の痔の悩み!イボ痔?キレ痔?痔瘻?痔の症状・治療・市販薬

女性の痔の悩み‥20代、30代、40代、50代、60代、幅広い年代で悩む症状です。は早い完治を目指すためにも病院での診察と治療が勧められますが、相談しにくいと言う理由から市販薬での症状緩和を試みる方も多いです。相談できない理由は「恥ずかしい」が多いです。

そして、誰にも相談せずに、病院に行くのも遅れて、結果的に痔の症状が悪化してしまい、治るまでに時間がかかってしまうというケースも珍しくありません。痔は男性がかかるものと思い込んでいる人もいますが、今は女性の患者さんもとても増えています。まずは、正しい知識を持って、早めに治療するようにしましょう。

スポンサーリンク

痔とはどのような病気?

女性,痔

✔ 痔にはどうしてなってしまうのですか?
⇒ いくつかの要因があります。特に女性は便秘で便が硬くなってしまい、それが原因で肛門を傷つけてしまうこと、冷え性で肛門周辺の血流も悪くなりがちなこと、出産時にいきむことで肛門が裂けてしまうこと、などが原因になる場合が多いようです。

✔ 痔は全て同じですか?
⇒ 大きく分けて、イボ痔、キレ痔、痔瘻があります。

✔ 痔に良くないことはどのようなことでしょうか?
⇒ 便秘と下痢です。特に便が硬くなってしまう便秘は、排泄しようとすればするほど肛門に力がかかり、皮膚が切れたり、粘膜が傷ついたりします。

女性の痔に市販薬ってどう?

痔,薬

お尻の調子がおかしい。痔?痔かもしれないけれども病院に行くまでに市販薬で治せたらいいのにと思うのは当然のことです。今では多くの種類の痔の市販薬がありますので、自分の痔の症状と照らし合わせて購入してみましょう。一般的な考え方としては市販薬にステロイドが含まれているかどうかを確認しましょう。ステロイドは炎症や腫れには効きますが、傷がある場合には向いていません。

女性の痔の症状とは

女性,痔,症状

一般的に以下のような症状があれば、痔の可能性が高いと言えます。

  • 排便時の痛み
  • 排便後にも痛みが残る
  • 排便時の出血
  • 肛門周辺に何かできているような感じがある
  • いつもお尻に何か挟まっているような感じがある

特に女性は便秘になりやすいこと、妊娠・出産を経験することでなどで、痔になりやすいのです。上記のような症状があるようならば、早めに治療しましょう。

女性の痔の薬

痔の薬

薬では痔は完全には治りにくいと言えますが、十分に軽減することはできます。薬は大きく3つのタイプに分けられます。

1. ぬり薬
肛門付近のイボ痔や切れ痔に多く使われます。
小さくて落ち運びもでき、使い方も簡単なので、とても重宝されています。

2. 坐薬
肛門から挿入するタイプで、肛門内部にできたイボ痔などに効果があります。
溶けやすいので、必ず涼しい所(冷蔵庫などもオススメ)に保管しましょう。

3. 飲み薬
直接痔に効くというよりは、炎症を抑えたり、便を柔らかくしたり、細菌繁殖を抑えたりするために使います。

女性の痔の予防

痔,予防

女性の場合、一番気をつけたいのが便秘です。普段から食物繊維の多い食事を心がけ、適度な運動をすることで通便を良くすることが、痔の予防への大きな一歩と言えるでしょう。

女性の痔は珍しくない

女性,痔,治療

女性が痔になる‥これは恥ずかしいことではなく、誰でもなる可能性があることを認識しましょう。痔はちょっとしたきっかけでもなるので、普段の生活を見直すとともに、痔になった場合には早めに治療をするようにしましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です