女性が転職活動を行うには?会社に貢献するキャリアプランを立てよう

仕事,ブログ

女性の場合、仕事や会社を選ぶ際、自分の働き甲斐だけでは選べないことが多くあります。自分一人だけであれば、勤務時間や休日など、自分のライフスタイルに合わせれば良いですが、結婚をしている場合には、仕事と家事の両立をしていくことになるでしょう。
そのため、自分のやりがいのある仕事よりも、労働条件が合っているかどうかで判断している人も多いと思います。
また、子供がいる場合には、仕事と家庭の両立に加えて、子育てが加わりますので、さらに働く際の条件が厳しくなってきます。これらの条件をどう判断するかが転職が難しくなる理由です。

スポンサーリンク

女性の転職と会社選びとキャリアアップ

仕事や会社を選ぶとき、どの部分に焦点を当てるかで、選び方は大きく変わります。

仕事のやりがいだけを求められる独身女性とは異なり、結婚や子育て中の場合には、仕事よりも労働条件に焦点を当てることになるでしょう。

なるべく長期で働きたい、やりがいのある仕事をしたいと思って転職活動をしていても、なかなか希望に合った条件の求人には出会えるとは限りません。

どの部分に焦点を置くか、自分の希望条件をどこまで譲れるか、多くの条件がある中で、女性の転職はなかなかうまく進まないことも多いようです。

女性にとって働きやすい会社を選ぶことができれば良いですが、会社に入るまではどんな会社か分からないものです。

多くの人の意見も取り入れながら、自分にとって、自分の家族にとっても良い決断をすることができるように慎重に判断するようにしましょう。

女性にとって働き甲斐のある会社とはどんな会社でしょうか?
男性にとっての働き甲斐は、役職や給料である場合が多いです。反対に、女性にとっての働き甲斐は評価をしてもらえるかどうかが多いです。

女性の場合、役職や給料を上げてもらうことよりも、「君が仕事をしてくれると早くて正確で助かるよ」とか、「君がいてくれると職場の雰囲気が良くなる」などと仕事ぶりなどを評価してくれることが嬉しいという人が多いです。
女性にとって働きやすい職場というのはどういうものでしょうか。仕事や人に対する評価を、実績や数字だけにとらわれていない会社でしょうか。仕事の内容にもよりますが、直接、売り上げや会社にどれだけ貢献しているかが測りにくい仕事をしている人が多いのではないでしょうか。

そのため、仕事に対する評価もあまり高くないことが多いのです。

そのため、直接的な売り上げや会社への貢献だけでなく、あなたの仕事ぶりや職場の雰囲気作りなど、あなた自身を評価してもらえることに重点を置いている人が多いのです。

誰でも、出来れば長く仕事を続けたいと思っているものです。

長く仕事を続けるためには、仕事へのやりがいや評価をしてもらえるなど、仕事に対してどのような考え方をしているか、その考え方を満足できる会社を選ぶことが大切です。人それぞれ、会社や仕事への意欲は異なりますが、自分自身がどのように働きたいのか、会社にどのように貢献したいのか、キャリアプランを考えることが重要です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です