女としての魅力を上げよう!品のある優雅な女性になるためには?

品のある女性

品のある女性とは、優雅な雰囲気をかもし出している女性のことです。品があるイコール経済的に豊かな女性というような考え方に結びつきやすいのですが、別にそういうわけではありません。優雅とは、さまざまな意味があります。気品、しとやかさ、上品、魅力的、美点、思いやり、親切さ等、いろいろですが、どの意味も総合して、ステキであることでしょう。つまり、安っぽくない、落ち着きがあり、女性らしいということでしょうか?ある意味で、男性が簡単に近づけないタイプで、いわゆる高嶺の花という表現にもなるかもしれません。しかし、こういった女性がいったん彼女にしてしまうと、男性は本当に鼻が高い気分になります。

スポンサーリンク

品のある女性、優雅な女性、女の魅力とは

Q:品のある女性になりたいのですが、何から始めてよいのかわかりません。
A:品のある女性になるためには、まず自分で品のある女性である目標の人を見つけ、その人について研究してみることです。

Q:品のある女性になるためには、お金がなくてもできますか?
A:はい。 お金はそれほど関係ありませんが、やはり清潔感は大切で、身の回りが整っていることが必要でしょう。

品のある女性の容姿

まず、品のある女性の髪形は、ショートよりロングのほうが品よく見えるでしょう。肩くらいのボブ系などがいかがでしょうか?品のある女性の髪形は、スタイルだけでなく、ぼさぼさ髪にならないように、毛先をきれいにカットしましょう。品のある女性の服装は、清楚でいて、さりげなく流行を取り入れているものです。色も奇抜な色よりも、パステル系等、淡い色が品のある女性を演出できます。品のある女性の服装は、だらしなくルーズになった服装はよく見えません。値段が安くても、清潔でおしゃれなものを着てみましょう。品のある女性としての芸能人は、どうでしょうか?自分のお手本として、真似てみるのもいいでしょう。

吉瀬美智子さんとか、江角マキコさんなど、檀れいさん、井川遥さん等、彼女たちはそれぞれアラフォー世代ですが、年齢をまたく感じさせず、とても美しく品のある女性たちですよね。品のある女性の芸能人たちは、たくさんの写真や記事等がありますから、その秘訣をそっと盗んで、自分もめざしてみましょう。

品のある女性になるには、まず自分の容姿を鏡に映して、理想の女性に近づくように、研究してみるとことです。最初に人の真似をして、あとで自分なりの方向性がでてくるものです。品のある女性の髪形を真似たり、服装も気に入れば、それに似た感じのものを次回から選ぶとか。髪型は大丈夫だけど、と安心していてはいけません。

また、品のある女性になるためには、化粧法を研究しましょう。化粧は、どぎつくならず、薄化粧でシンプル、ただ目にはアイラインをすっと引いて、メリハリをつけてみましょう。目を印象付けることと、軽く頬紅を引いて、血色がきれいになるようにします。口紅は薄めのものをつけてみましょう。次は、つめはきちん整えられていますか?男性から見ると、手はとても目立つところです。爪の手入れはしっかり、欠かさずすることが、品のある女性をめざる秘訣として大切です。そして、服装と靴はどうでしょうか?靴は汚れていませんか?

外見が整ったら、あとは内面も努力

品のある女性になるには、やはり毎日の努力が必要です。ただ、目標となるような女性像を探し、そのイメージをお手本に自分を磨いていったほうが、より早く理想に近づけるのかもしれません。外見もとても大切な要素ですが、外見は内面から身体全体に現れるものですから、やはり内面は大切ですね。ですから、内面がしっかりしていれば、話した時も、「やっぱり、この女性はイメージどおりの人」という評価がでてくるのです。

どのように努力するかは、ネットからでも、いろいろ研究してみましょう。品がよいと言うのは、ある種、理知的なイメージもあります。ですから、ある意味では教養を磨くことも、ひとつの方法なのかもしれません。しかも、何か格式高いもので、お花やお茶といったものも、ひとつの魅力になってくるでしょう。まずは、いろいろと研究してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です