女性の痔-痔に悩む女性必見!人には聞けない痔の悩み・痔の病院

痔 女性 病院

女性にはたとえなってしまったとしても、あまり人に言いたくない病気がありますね。その代表的なものの一つが痔ではないでしょうか。ちょっと恥ずかしくて人に言いにくいし、薬を買うのも、もちろん病院に行くのも恥ずかしいという人は少なくありません。女性には便秘がちの人や、またデスクワークで座ったままの姿勢でいる時間が長い人も多く、実は痔になりやすいとも言えるのです。もちろん、ならないにこしたことはありませんが、もしなってしまった場合には早期に治療するためにも、勇気を出して病院に行くことも必要ですね。

スポンサーリンク

痔のQ&A

Q:痔とは何ですか?
A:肛門周辺の静脈が圧迫されることにより、血液の流れが悪くなって起こる疾患です。

Q:痔に種類はありますか?
A:大きくわけて、「痔核(いぼ痔)」、「裂肛(きれ痔)」、「痔瘻」の3つになります。

Q:もっとも多い疾患はどれですか?
A:通称、いぼ痔としてよく知られている「痔核」がもっとも多く、男女ともに約半数を占めます。

女性の痔の病院 東京、埼玉、福岡・・・自分の地域で検索してみよう

女性は痔になってしまったと言うと、とにかく恥ずかしいという思いが先に立つようです。したがって、病院を選ぶ時はなるべく恥ずかしい思いをしなくても良い所を選ぼうとする傾向にあります。埼玉では、医師が女性なのはもちろんですが、レディースディを設けて院内への男性の立ち入りを遠慮いただいている病院もあります。

東京は日本の中心地であり、痔で悩む女性のための女医のいる良い病院はたくさんあります。診察曜日や交通の便など、自分の都合に合わせて検索してみると良いでしょう。

福岡は九州でもっとも大きい都市ですから、女医がいる病院、女性専門外来がある病院など病院も充実しています。診察も予約をしなくても良い病院もありますから、時間ができて思い立ったらすぐに行動してみてはいかがでしょう。日帰り手術も一般的ですから、少し遠くからでも福岡に来て治療するのも一つです。


女性の痔を治療できる病院

女性専門や女医のいる病院を検索すると、たくさんの病院がピックアップされてきます。しかし、これでは地域がランダムであり、自分が通えそうな所かどうかがわかりづらいことが多いのです。

検索をかける時には、地域も忘れずに入力するようにしましょう。また、女性専門や女医がいるという病院が増えたとはいえ、まだまだ公立の病院では少ないのが現実です。


病院の何科に往けば治療できるのか?

「痔になってしまったようだけど、一体何科にいけばいいのかしら」特に女性は人に聞くのも恥ずかしいと、一人で悩んでいることが多いようです。痔は手術を伴う可能性があることから「外科」にお世話になることになります。その中でも肛門を専門に扱っている「肛門科」に行きましょう。手術をすれば思ったよりも簡単に治ることもありますから、まずは一人で考えこまずに病院で相談してみることをオススメします。

女性が痔と向き合うために

今は何でも予防医学が大切だと言われています。痔も同じで、なる前に気をつけておくこと、生活習慣などがあります。その中には女性は特に気をつけたいことなどもありますから、治療とともに予防についても一度真剣に考えてみると良いでしょう。そして、病院へ行くと決めたら恥ずかしがらずに、覚悟を決めて早めに行きましょう。悩んでいたのは私だけではなかったのねと思い、もっと早く来れば良かったと思うのではないでしょうか。現代の医学は優れています。信頼して任せるのが一番でしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です