女性の冷え-腰痛や下腹部の痛み、気になる冷え性の原因と病気など

女性 冷え

女性には冷え性という方も多いのではないでしょうか。暑い夏こそ冷え性に困っている方も多く、その対策も人それぞれです。女性にとって冷えというのは大敵で冷えが原因で病気を引き起こすことや月経の痛みを強くすることもあります。

Q:職場の温度設定が低く、冷えを感じるなか膀胱炎になってしまいました。冷えを感じたことは関係していますか?
A:関係している可能性があります。膀胱炎も冷えが原因の血行不良でもなることがあります。

Q:冷え性で仕事中困っています。何か多処法はありますか?
A:湯たんぽやブランケットなどで足先から温めるようにすると血液の循環が良くなります。

スポンサーリンク

女性の冷え・冷え性をチェック

女性の冷えと病気

女性に多い冷え性は体内の臓器の活動低下を招き、放っておくと他の病気に発展してしまうことがあります。具体的には次のような病気が挙げられます。
・ 膀胱炎
・ 子宮内膜症
・ リウマチ
・ 自律神経失調症
・ 気管支炎

下腹部の痛みと冷え

寒くもないのに冷えを感じるというのはというのは血行が悪くなっていることから起こります。下腹部に痛みを感じる場合はストレスや強い緊張などもありますが、女性に多い冷え性はこの下腹部の痛みを招くこともあるようです。特に冷えのなかでも腰から下の冷えは下腹部を含むお腹などの痛みの原因となってしまうことがあります。

女性の冷え性の原因

冷え性は自律神経との関係もあり、体温調整ができなくなってしまう原因のひとつに自律神経失調症があります。食生活の乱れや運動不足、睡眠不足によって自律神経の働きが乱れてしまうと血管の収縮による体温調節が難しくなってしまい、女性に多い冷え性を招いてしまいます。冷え性はとくに夏に症状が出やすいといわれていますが、人によっては一年中冷え性に悩まされることもあります。また、女性に冷え性の方が多い原因のひとつとして月経が挙げられます。本来体温調節にも使われる血液が月経によって大量に失われます。そのため男性に比べても女性は比較的冷え性になりやすいと考えられます。

女性の冷えによる腰痛

冷えによる肩こりや腰痛も良く耳にする話です。肩こりや腰痛の主な原因は血行不良によるものがほとんどですが通常は緊張や無理な使い方によって血行不良を招き痛みが生じます。女性が冷えによって腰痛になる原因は冷えを防ぐために腰や肩の血液を留まらせようとすることによって血行不慮と同じ状態になるためだと言われています。原因は冷えであってもないとしても腰痛の原因には血液が深く関係しているということです。

冷えは万病の元

冷え性とあまり縁のない方からするとただ寒がっているだけ、病気ではないし自己管理の問題だと思われてしまうかもしれませんが、冷え性は病気を引き起こす危険性を秘めたとても厄介な症状なのです。そのうえなかなか自分でコントロールすることが難しく、一度冷えになると完治するのはとても難しいのです。冷え性は万病の元という言葉があるほど厄介な問題だということです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です