女性の歯ぎしり-男性だけじゃない、原因・症状・治療や性格的特徴

女性 歯ぎしり

一緒に寝ている人がなんだか変わった音を出していると思ったことはありませんか。

それはいびきの場合もありますが、いびきは多かれ少なかれ聞いたことがあるという人が多く、どのような音かわかります。しかし、それとは少し違う音のように思ったら、歯ぎしりの可能性が高いですよ。

スポンサーリンク

歯ぎしりのギモン

Q:歯ぎしりとは何ですか?

A:寝ている間に無意識に歯と歯をすり合わせてしまうことで発生する音です。

Q:歯ぎしりはどんな音ですか?

A:「きりきり」や「きゅりきゅり」とあまり聞いたことのない変わった音がします。

Q:歯ぎしりは誰でもするのですか?

A:老若男女問わずですが、誰でもするというよりはする人としない人がいると言った方が正しいでしょう。ただ、子供から大人、高齢者になるにつれて減少傾向が見られます。

女性の歯ぎしりの原因

これには男性・女性は関係なく、大きくわけて2つあります。

1つめは歯の噛み合わせが悪い場合、2つめはストレスなどの精神的なものによる場合です。1つめの場合、歯が痛かったり治療中だったりすると、一時的に噛み合わせが上手くいっていないことがあります。これがあごの筋肉を緊張させることによって起こります。

2つめは歯ぎしりがストレス発散の役割をしているからです。寝ている間に歯ぎしりをすることで、無意識に日中や日頃の不安や憂鬱な気分を発散してくれているのです。


女性の歯ぎしりの症状

歯ぎしりの不思議なところは、本人にはほとんどと言ってよいほど自覚症状がないことです。眠っている間におこる症状ということもあり、朝起きたらなんとなく肩がこっている、あごが疲れているような気がする程度です。

しかし、実際には重度になると歯がすり減ってしまうのではないかと心配するほどの大きな音を出すこともあります。家族や旅行などで一緒に寝た人から言われて気づく人がほとんどなのです。


女性の歯ぎしり 男性

歯ぎしりをするのは女性の方が多い、そんなイメージはありませんか。男性はどちらかというといびきのイメージの方が強いですね。しかし、これらはあくまでもイメージで、歯ぎしりは男女とも起こる症状です。

女性の歯ぎしり 性格

歯ぎしりをしやすい人には性格的にある特徴が見られると言われています。

●がんばり屋さん
●競争心が強く負けず嫌い
●いつも多忙
●目標に向かって意欲的に取り組む

起きている間はこんな風に頑張っているからストレスもたまります。そして、寝ている間に歯ぎしりをすることでストレスを解消しているのです。

また、先ほども男女差は特にないと言いましたが、このような性格は実は女性の方に多く見られがちです。

女性の歯ぎしりの治療

治療方法はいくつかあります。その代表的なものがマウスピース。歯科医師がオススメする治療法で、寝ている間に口の中にマウスピースを入れることで、歯と歯がこすりあわさるのを防ぎます。

ただ、慣れないと少し苦しい感じもしますし、見た目もよくないので女性はためらう人もいます。また、歯の噛み合わせが悪いとはっきりわかっている場合には、矯正する方法もあります。

女性の歯ぎしりを改善するために

何でもそうですが、原因が何かがわからずしては最適な治療方法がどのようなものかもわかりません。まずは、それを確認してから治療に進むことが必要です。

また、歯ぎしりは自分では気づかないことが多いので、家族や一緒に寝る人がそっと教えてあげるようにしましょう。女性はいきなり言われると傷つくことが多いようです。

寝ている間にしていることとはいえ、していること自体でかなりのストレスがかかっていますので、早めに治療することをオススメします。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です