女性に多い病気の膀胱炎!膀胱が痛い!膀胱炎の症状や市販薬の効果は?

女性なら1度は経験するだろうという病気のひとつが『膀胱炎』です。膀胱内に細菌が入ることが原因で起こってしまい、女性の2割は膀胱炎だといわれているほど多く見られる病気です。デリケートな部分であるため人に相談しにくいことも充分に理解できますが、女性では珍しい病気ではありませんし、症状が悪化してしまう可能性もありますので、早めの病院受診がすすめられます。

■ 痛いのでトイレに行きたくないのですが、我慢した方が良いのでしょうか?
□ 排尿は膀胱内の菌を出す為にも大切です。痛みは辛いでしょうが、しっかり水分をとって排尿しましょう。

■症状が悪化するとどうなりますか?
□ 症状が悪化すると腎盂炎などの病気になってしまう可能性があり、酷い場合には命を脅かす可能性もあります。

スポンサーリンク

女性の膀胱炎の症状

女性は男性に比べて膀胱炎にかかりやすいと言われています。その原因は、女性の尿道が男性よりも短く細菌が侵入しやすいことや、トイレを我慢する人が多いこと、ナプキンの使用などにより細菌が繁殖しやすい環境であること、また更年期など、ホルモンバランスによる免疫力の低下によって発症してしまうことなどが挙げられます。

膀胱炎の主な症状

  • 何度もトイレに行きたくなる
  • 残尿感がある
  • 排尿時に痛みがある
  • 尿意はあるのに、トイレに行ってもほとんど出ない
  • 尿に血が混じる、尿が白くにごる

膀胱炎の自然治癒

膀胱炎はデリケートな部分であるだけに、病院へ行くのを嫌がる女性も多いです。また、仕事の都合などでなかなか病院に行けないという女性もいらっしゃるでしょう。そこで考えるのが自然治癒できないか?という事ですね。膀胱炎は、症状が軽い場合には、自然治癒してしまうこともあります。これには水分をしっかりとって排尿で細菌を出す、睡眠や栄養をたっぷりとって体力をつけるといったコツが必要ですが、病院で診察をした場合でも、医師の判断によってはこの方法がすすめられることもあります。しかし、素人判断で放置してしまうのは危険ですので注意しましょう。特に、だんだん症状が強くなる場合には病院で治療について相談されることをおすすめします。

膀胱炎に効く市販薬は?

膀胱炎のお薬は薬局でも売られています。薬剤師さんに相談のうえで利用を検討されるも良いでしょう。

市販薬 例

  • ボーコレン:抗菌抗炎症、利尿作用など
  • 腎仙散(じんせんさん):利尿作用など

膀胱炎の血尿について

膀胱炎に見られる症状のひとつが血尿です。尿に血が混じっていたり、尿がオレンジ色に見えたり、ということもあれば、ティッシュに薄くピンク色がつく程度という場合もあります。血が出ると驚いてしまいますが、血尿は膀胱炎で良く見られるものですからパニックになる必要はありません。ただし、高熱も出ている時には症状が重くなっていることが疑われますので、充分に注意が必要です。

膀胱炎『病院・治療・何科?』

膀胱炎になったとき「病院・治療・何科」が気になる方が多いようでが、病院については泌尿器科または女性なら産婦人科でも治療をうけることができます。治療は、たいていお薬で、1週間ほどですむことが多いです。原因となる膀胱内の細菌をなくすことが大切ですから、痛みがなくなったからと言って自己判断で治療をやめずに、医師の指示に従うことが大切です。

恥ずかしがらずに治療を

膀胱炎イコール不潔というイメージを持っている方もいらっしゃいますが、これは正しくありません。疲れている時や体力が弱っている時はもちろん、ホルモンバランスの影響によってもかかりやすい病気です。早ければ治療1週間ほどで治まりますから、もしかしてと思ったら早めに病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です