女性に多い自律神経失調症の症状-なぜ女性に?自律神経失調症とは

女性 自律神経失調症 症状

自律神経失調症は、男性よりも女性の発症リスクが高い事で知られています。しかし近年は、ストレスによって自律神経失調症を発症する男性も増えているようです。その為、性別を問わず日頃から、ストレスを解消し、規則正しい生活を送るよう心がける事をオススメします。

スポンサーリンク

自律神経失調症について

Q:自律神経失調症を発症しやすい年齢ってあるの?

A:20代から50代の女性が発症しやすいと言われていますが、乳幼児が発症するケースもあります。

Q:乳幼児の場合どんな症状が出るの?

A:乳児の場合は下痢、嘔吐、よく泣くといった症状が、幼児の場合は発熱、不眠、乗り物酔いしやすいといった症状が現れます。

Q:自律神経失調症が遺伝するって本当?

A:残念ながら詳しい事はわかっていません。ただ、家族に患者がいる場合、発症リスクが高くなるとも言われています。

また、遺伝よりも子供の成長過程における、生活習慣や食習慣といった親の生み出す環境が影響を与えるという声もあります。

女性の自律神経失調症の症状と原因

自律神経失調症が女性に多い原因は、女性ホルモンです。思春期、妊娠・出産、更年期など、生きている間に女性ホルモンのリズムは絶えず変化しています。

このリズムの変化が、自律神経に影響を与えるので、様々な症状の原因になるとされています。


女性の自律神経失調症の症状チェック

女性は自律神経失調症にかかりやすい為、疑われる症状が出た場合は、専門医で検査を受けましょう。

専門医では、以下の心理テストによる検査が実施されています。

・東邦メディカルインデックス
・ストレス耐性チェックリスト
・ストレス・チェックリスト

これらの心理テストでは、身体と精神的な症状、ストレスに対する強さを調べる事ができます。

また、この他にも自律神経機能そのものを調べる検査も実施されます。


自律神経失調症の症状に漢方

女性に優しい薬として注目を集めている漢方でも、自律神経失調症の症状を改善させる事は可能です。

体質を見極めながら、気の流れや血液の流れを改善させる事ができるので、症状の改善に加えて体質改善も期待できます。

もし漢方での自律神経失調症の治療を考えている女性がいるのであれば、専門医に一度相談してみましょう。

女性を悩ませる自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状は多岐に亘る上に、治療に時間がかかるとあって、多くの女性の悩みの種となっています。

しかし、焦らずにゆっくりと治療に取り組むようにしましょう。その為には、自分に適した治療法を見つけるのが一番です。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です