腎盂腎炎の治療-腎盂腎炎とは?治療について知りたい方は要チェック

腎盂腎炎 治療

しっかり治さないと慢性化したり合併症を起こすこともある腎盂腎炎は女性や子供がかかることも多く、泌尿器系の基礎疾患をもっていると慢性化することも多い怖い病気です。
たいしたことない、と簡単に考えることなくしっかりと適切な治療を受けましょう。

スポンサーリンク

腎盂腎炎のQ&A

Q:腎盂腎炎って?

A:大腸菌などの細菌に感染して起こる腎臓や腎盂の炎症です。急性腎盂腎炎と慢性腎盂腎炎があり、膀胱炎と同じような症状を伴うこともあります。

Q:どんな治療をするの?

A:症状が軽い場合には抗生剤による治療が効果的ですが、慢性化したり、症状が重い場合には治療が長引いたり、入院が必要になることもあります。

腎盂腎炎の治療 検査と診断

腎盂腎炎が疑われた場合にはさまざまな検査を行います。

・尿の顕微鏡検査、
・尿の細菌培養検査
・血液検査
・X線検査

が腎盂腎炎の診断のためによく行われる検査です。

これらの検査の結果と自覚している症状によって、診断が下されますが、比較的簡単に診断される急性腎盂炎と違い、慢性腎盂炎は症状が不定で診断が難しいと言われています。


腎盂腎炎の治療と検査ならCTも手段の一つ

急性の腎盂腎炎や治癒後の瘢痕など中等度以上な慢性腎炎はCTで診断できるため、検査としてCTを行うこともあります。

腎盂腎炎の治療に入院治療は必要?

検査によってまずは原因となっている細菌を判別し、その細菌に対して有効な抗生物質を使って治療します。症状が軽かったり、早い段階で発見された腎盂腎炎は適切な抗菌薬治療によって症状はすぐ改善することがほとんどです。

治療期間は通常1~2週間、治療終了後にも再発の有無を確認するため約1~2週間あけて尿検査を行います。

治療中は安静と保温、十分な水分補給が大切です。1~2週間たっても症状が改善されない場合、入院して治療することもあります。


腎盂腎炎の治療に手術は必要?

腎盂腎炎の原因として、前述した尿路結石や前立腺肥大症など、基礎疾患による尿路のつまりがある場合は、尿路つまりが治らなければ何度もこの病気を繰り返すことになっていまします。

閉塞をカテーテルなどで取り除き、体外へ膿を排出しなければいけません。

そのため、膀胱尿管逆流症などが存在し、たびたび腎盂腎炎を繰り返す場合、腎盂腎炎の発症の防止のために手術を行うことがあります。

膀胱尿管逆流症を治療しなければいけない場合もあります。

腎盂腎炎の再発と治療

一度治ったはずの腎盂腎炎の症状がまたでてくることを再発といいます。

急性腎盂腎炎が完治していなかった場合や、尿道などにある疾患が原因となっていることもあります。

基礎疾患がある場合、その疾患が治らなければ何度も再発するため、再発防止のために手術を行うこともあります。

腎盂腎炎の治療のために食事制限は必要?

腎盂腎炎の原因は細菌感染なので、特に食事制限などはありません。水分をしっかりととることが大切です。

腎盂腎炎は大腸菌などの細菌の感染による病気で、基本的には抗生剤を使用することで治る病気です。

発熱や脱水症状がひどい場合には入院治療を行うこともありますが、抗生剤の点滴や服用で症状が改善する病気なのです。

ただし、早い段階で治療をおこなわなかったり、治療を中途半端にやめてしまうことで、慢性化してしまうとその治療はとても難しくなります。

重症化した腎盂腎炎は尿毒症や敗血症といった怖い合併症をおこすこともあります。早い段階で適切な治療を完治するまで行うことが大切なのです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です