インフルエンザを撃退する頼もしい味方!クレベリンの副作用について

インフルエンザ クレベリン

インフルエンザの予防法としては「うがい・手洗い」ですが、それでもインフルエンザにかかる人は多く、また学級閉鎖などに追い込まれるところも少なくありません。この時期は受験などのシーズンを重なることもあり、インフルエンザにかからないようにしたいという人も多いのです。特にそういう人は効果もですが、副作用についてもとても敏感です。そこで、そんな人達の味方となる商品・クレベリンについて、効果・副作用などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クレベリンのQ&A

Q:クレベリンとは何ですか?

A:ラッパのマークで知られている大幸薬品が開発した、除菌・消臭製品。二酸化塩素分子のチカラで、ウィルスや菌を99%除去できるそうです。

Q:クレベリンは何で除菌・消臭をするのですか?

A:二酸化塩素分子のチカラで、ウィルスや菌を99%除去します。

Q:どのように使うのですか?

A:空気中のウィルスや菌を除去するゲルタイプと、気になるところに直接吹きかけて使うスプレータイプ、壁から掛けられるスティックタイプがあります。

クレベリンの効果について

目に見えないウィルスや菌を除去することに対して、効果や副作用を目で確かめることはできません。また、家の中にいたウィルスや菌か、外で出会ったウィルスや菌が原因なのかを特定することも難しいですね。そういう意味では、大幸製薬のサイトで自分がクレベリンの効果や副作用について納得し、いくらかは効果があるだろうと信じて使うということになるでしょう。しかし、除菌効果が高いのはわかりますし、価格も手頃で使い方も簡単、また副作用も少ないので、クレベリンなしよりはましと考えて使ってみるのもひとつかもしれません。


クレベリンの副作用について

クレベリンにおいて特に気になるような大きな副作用は今のところ報告されていませんが、二酸化塩素分子のチカラで、ウィルスや菌を除去するということから、塩素に対して少し気になるところがあるようです。副作用というほどの強いものではありませんが、違和感を感じた利用者のコメントには、「のどがヒリヒリする」「刺激臭がした」「頭が痛くなった」などがあります。このようにクレベリンは安価で手軽で使いやすい上に、ある程度の効果が見込まれ、また副作用も少ないということで、これからも上手く生活の中に取り入れていって、インフルエンザなどの予防に役立ててほしいと思います。ただし、直接吸い込むような行為や、あまりにも狭い空間でずっと閉めきったままで長時間使用するなどは、副作用を引き起こす原因となりますので、なるべく避けましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です