息切れと貧血-原因は?喘息・胸の痛み・倦怠感・運動を伴う症状など

息切れ 貧血

息切れ 貧血・喘息・胸の痛み・倦怠感・運動と症状が重なると心配も重なります。それも、症状が一気に押し寄せてくるとパニックになりそうな時があります。そういう時こそ冷静に客観的に物事を見る必要があります。医療機関での検査はそういう意味でもとても重要な役割を担っています。

Q:息切れ 貧血・喘息・胸の痛み・倦怠感などは血圧も関係しますか?
A:高血圧や低血圧から心臓に負担がかかってきている可能性も否定できないでしょう。血圧は高くても低くても影響がありますので注意したいものです。

Q:うつ病やパニック障害でも息切れしますか?
A:息切れ 貧血・喘息・胸の痛み・倦怠感・運動という症状が併発して、検査をしても原因不明という場合には、うつ病やパニック障害という可能性も考えた方がいいかもしれません。精神的なバランスを崩すとどうしても体の不調として出てきます。

スポンサーリンク

息切れ・貧血などの原因と症状

息切れ・貧血などの原因は?

【薬の副作用】
息切れ 貧血・喘息・胸の痛み・倦怠感・運動といったさまざまな症状が起きてくると「一体何が原因なんだ」と途方に暮れることもあるでしょう。処方された薬の副作用としてそうした症状が出てくることもあるのです。重大な副作用の場合は緊急に手当てをしなければなりません。

喘息で息切れ

喘息が原因でいろいろな症状が出てくることがあります。息切れ 貧血・喘息・胸の痛み・倦怠感・運動と出てくると嫌になるものです。喘息になると気管支の炎症から呼吸の通り道が狭くなるので息がしづらくなるのです。喘息も発作が起きていなければいいのですが、一度発作が起きてしまうとつらくなります。

息切れと胸の痛み

息切れ 貧血・喘息・胸の痛み・倦怠感・運動といろんな症状が出てくると本当に大変です。胸の痛みが動悸や息切れとともにみられると、どうしても心臓の病気を疑いたくなります。心不全や不整脈など心臓関連の病気であればそういった症状が出てくるでしょう。

息切れと倦怠感

息切れ 貧血・喘息・胸の痛み・倦怠感・運動という症状が出てきた時、特に倦怠感がひどいなら貧血という可能性もあるかもしれません。体が血液から必要な栄養素が吸収できないのですから、疲れても不思議ではありません。貧血というと鉄分不足からヘモグロビン値が低くて酸素を運搬できないということが多いようですが、なかには内臓からの慢性出血や自己免疫疾患からきている場合もあり、見逃せません。

少しの運動で息切れ

息切れ 貧血・喘息・胸の痛み・倦怠感・運動と、たいした運動もしていないのにつらい症状が出てくれば病気が心配です。激しい競技スポーツならともかく、普通に楽しみながらする運動でも息切れがし始めると楽しむどころではありません。

さまざまな症状が出て心配になるのは20代30代でもあり得ます。妊娠、出産と女性は人生の節目を過ぎるとつらい症状が出てきます。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です