いびき防止-薬や枕、バンド・マウスピース、いびきと防止グッズ

いびき 防止

旅行や合宿などで絶対に一緒の部屋になりたくないと思う人は、いびきをかく人ではないでしょうか。たった1日や数日だからと言っても耐え難いものがありますね。これが毎日続くのかと思うと、同室で寝ている家族(夫婦)はどんなに大変かと想像ができます。本人も悪いという自覚はあるようで、できれば効果のあるいびき防止方法を実践してみたいと思っています。しかし、特に男性などは忙しさを理由についつい何もしないままという人も少なくありませんね。そこでここではいびき防止に役立つものをいくつかご紹介したいと思います。

Q:いびきはどういうメカニズムで起こるのですか?
A:鼻から喉頭までの空気の通り道が狭くなった時に、そこを息が通るたびに雑音が生じるのが発生の仕組みです。

Q:空気の通り道が狭いこと以外でも起こるのですか?
A:過度の疲労や飲酒によって、一時的にこの通り道の筋肉が緩んでしまい、その結果、上気道狭窄が起きていびきをかきやすくなるということもあります。

Q:いびき防止には何が役にたちますか?
A:マウスピースやテープ、枕のような防止用グッズなどの他、最終的には手術をすることもあります。

スポンサーリンク

いびきを防止するためのお薬、枕、グッズをチェック

いびき防止のバンド

いびき防止の商品の中でバンドタイプのものがあるのをご存じでしょうか。普通は用途から考えて、鼻や口などに巻くバンドかなと思うのですが、実は腕やあごに巻いて使う商品もあるのです。いびきはだいたい寝返りをする時には止まるもので、これを応用した商品がバンドなのです。いびきを感知すると、腕などに巻いたバンドに微力な電流が流れ、これにより無意識に寝返りを打つことでいびきを止めるという仕組みです。

いびき防止のグッズ

いびき防止用グッズはどれから試そうかと思うぐらいたくさんの種類が販売されています。グッズでは鼻から喉頭までの空気の通り道が狭まるのを防ぐためのものが多く、そのためのテープやマウスピース、マスク、枕などがあります。中には結構な値段がするものもありますが、ほとんどはそんなに高い値段ではありませんので、いくつか買って試すのもよいでしょう。

いびき防止の枕

「枕が変わったら寝られない」という言葉があるほど、睡眠には重要なアイテムの一つが枕です。この枕もいびき防止商品として開発されているのですよ。そもそも、仰向きで寝るという姿勢がいびきをかきやすいということから、そのような姿勢になりにくい枕がいびき防止枕です。たとえ仰向きになっても、気道が狭くならないような姿勢になるように考えられています。また、完全に横向きで寝ることを前提にした枕もあります。

いびき防止のマウスピース

歯ぎしりなどの治療にも効果があるとされているマウスピースはいびき防止にも活用されています。マウスピースを使うことで、下あごをさげないようにするとともに、気道を若干でも広げ、空気の流れがスムーズなります。空気の流れがスムーズになれば、いわゆる空気抵抗が少なくなるので、結果的にいびきがましになるのです。

いびき防止の薬

薬で直接的にいびき防止をしてくれるという商品はありませんが、いびきの原因を取り除いてくれる薬というものは人気があります。鼻の通りが悪いことで口呼吸になり、いびきの原因になっていることが多いことから、鼻の通りを改善するという薬も一応、いびき対策として販売されています。

<< 効果的ないびき防止対策 >>

いびきが生じる仕組みはほぼ解明されており、自分がそれに当てはまっているのであれば、なんらかの防止グッズが見つかるはずです。合う合わないもあるので、自分に合いそうなものから試してみることをオススメします。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です