不正出血とピル-女性必見!不正出血とピルの関係について知りたい

不正出血,ピル

ピルを長年服用していたり、途中で服用を中止してしまった場合、不正出血が起きる場合があります。また、ピルには黄体ホルモンの種類により世代というものがあることを知っておく必要があります。

Q:ピルは何種類あるの?
A:21錠タイプのものと28錠タイプの2種類あります。21錠タイプのものは、毎日決まった時間に1錠服用し、21錠飲み終わると7日間服用を中止します。28錠タイプは、同じように毎日決まった時間に1錠服用、このタイプは7日間服用を中止することなく、次のシートの服用を始めます。また、黄体ホルモンには、第1世代から第3世代があり、日本では、第1、第2世代が販売されています。

Q:ピルにはどんな副作用があるの?
A:副作用として、肝機能障害や心臓あるいは血管系に影響が出やすく、まれに血液凝固機能が亢進し、血栓症を起こす可能性があります。さらには、浮腫や体重増加、乳腺肥大、性欲減退など様々な副作用があらわれてきます。このようにピルには、長年服用し続けることによって、引き起こる副作用もありますので、医師の診断なしでの服用は絶対に避けるようにしましょう。万が一、ピルをどうしても服用したいと思う場合は、恥ずかしからず、医師に相談し、適切な指導を受けてから服用することをお勧めします。

スポンサーリンク

不正出血とピルの服用について

長年の不正出血にピルの服用を検討

長年、不正出血が続いている場合、軽い卵巣機能不全を疑ってみる必要があります。検査の結果異常がない時には、低用量ピルあるいは、第2世代ピルを服用することで、不正出血の頻度が低くなります。また、寝不足やストレスによるホルモンバランスの乱れからくる不正出血も考えられますので、おかしいなと思われた場合は、すぐに専門医に相談してみましょう。

不正出血にピルの効果は?

ピルの効果には、ホルモンバランスの乱れからくる不正出血を抑える効果があります。そのほかに、予定生理をずらしたい時、生理不順を治す、子宮内膜症などを含む生理痛を和らげる効果などがあります。ピルは、精神的、肉体的疲労により無排卵になり、不正出血を引き起こしている場合、子宮内膜を修復し、不正出血を防ぐ効果が高いとされています。

生理前の不正出血にピルはあり?なし?

生理前に不正出血があるというのは、月経前出血と言われ、排卵の影響で出血している可能性があります。原因として、ホルモンバランスが乱れ、子宮内膜が厚くなり、一時的に出血したと考えられます。つまり、ストレスや疲れがたまっている証拠で、体調があまり良くないというサインでもあります。しかし、毎回生理前になると不正出血が続くようであれば、体調管理をしっかりすると共に産婦人科に行ってピルを処方してもらうことも検討しておく必要があります。

<<ピルを服用する際に知っておきたい注意点>>

ピルを服用し始めた時などには、不正出血が続く場合があります。また、服用するのを忘れた場合にも起こりますので、ピルを服用する際には、目的に合わせて医師の指示通りに服用するようにしましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です