不正出血と腹痛!不正出血が茶色!出血・下痢・だるい・ストレスの関係

不正出血,腹痛

出血の量は少量あるいは多量など個人差がありますが、生理でもないのに出血があるのを不正出血といいます。

生理期間中以外に腹痛を伴った出血があった場合、少し体の変化に気を付けましょう。

スポンサーリンク

不正出血について

不正出血

なぜ、不正出血が起きるの?

原因として考えられるものとして、ストレスなどによるホルモンバランスの崩れによって起きる場合があります。

不正出血が起きる可能性

子宮外妊娠や子宮内膜炎、子宮筋腫、子宮頸がん、子宮体がん、膣炎など様々なものがあります。

最近、ワクチンなどが開発された子宮頸がんとは

子宮頸がんは、20代、30代に多く、営みによりHPVに感染することで、子宮入口にできるがんで、初期症状はなく、感染してから数年後、おりものが徐々に茶色かかり、生理期間が長くなり、体がだるい、腹痛(特に下腹部)、下痢そして不正出血を伴います。

不正出血の腹痛とストレス

不正出血,腹痛,ストレス

不規則な生活が続いていたり、強いストレスを抱え込んでしまった場合などは、ホルモンバランスが乱れることで、不正出血が起こることがあります。

それと同様に急激なダイエットを行った場合にもホルモンバランスが乱れてしまい起きる可能性があります。

ホルモンバランスが崩れたままの状態が長く続くと、次第に無排卵状態になり、不妊症になる可能性も出てきます。



スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ: 1 2 3 4