障害児童の学童保育!話題のサービスの放課後等デイサービスとは

子育て

障害児を持つ親御さんにとって、その子供の将来についての不安が絶えないと思います。何とか、少しでも将来的に自立できるスキルや道を作ってあげたいと考えて、いろいろな試みがされているでしょう。放課後等デイサービスと呼ばれる障害児を対象としたプログラムがあります。これは、それらの障害児たちが学校通学中の放課後あるいは、夏休み中など、時間が取れる時を利用して、自立をめざすように、指導してゆく内容です。

スポンサーリンク

放課後等デイサービスとは

Q: 放課後等デイサービスは、利用料がかかるのでしょうか?
A: はい。しかし、その額は個人よって異なります。各世帯の所得にあわせた利用料が設定されています。

Q:放課後等でイーサービスは障害児を持つ、どの家庭でも利用が可能なのでしょうか?
A:まず、利用したい旨を、居住している地域の市区町村に申請しますが、利用できるかどうかは、その後市区町村から通知されます。

放課後等デイサービスは、障害児の生活自立を助ける

以前は、障害児の年齢や程度によって、サービスが決定されていましたが、平成24年4月1日より、障碍者自立支援法・児童福祉法等の一部改正があり、障害を持っている人が同じサービスが利用できるようになりました。放課後等デイサービスは、障害児の、いわゆる、学童保育ということです。放課後等デイサービスは、障害児の自立ということは、生活能力の向上をサポートしてトレーニングを行うのです。

対象となっているのが、学校教育法に規定されている学校に通っている障害児です。ただし、幼稚園児や大学生は除きます。放課後等デイサービスのプログラム内容は、日常生活を自立して出来るようになるためのトレーニング、作業や何かを創作するアクティビティ、地域での人の触れ合いを提供する、余興をさせる訓練、等それぞれの本人の状況や希望に合わせて行われています。

放課後等デイサービスが注意していることは、このサービスを受ける本人にストレスにならないように、また今通っている学校と連携しながら行うようになっています。放課後等デイサービスでは、日常生活に必要なことを指導すること、また集団で生活することになれ、それに適応してゆく訓練を行います。

基本的には、就学児童が対象ですが、もし、就学時期が終了しても、まだこのサービスを受ける必要がある場合は、もしそれが認められた場合は、満20歳になるまで受けることが可能です。

放課後等デイサービスを設立する人

障害児を持つことで、さまざまな困難がありますが、それでも家族だけで乗り越えてゆけないこともあります。このような人たちのために、少しでも役に立ちたいと、放課後デイサービスを設立する人もいます。設立する施設の間取り、あるいは部屋数など考えて、よくプランを立ててください。間取りや部屋数のアイデアは、ネットを利用すると参考になると思います。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です