正常な回数は?頻尿と糖尿病の関係-頻尿に良いとされるツボなど

頻尿 回数

トイレが近くなるときはさまざまな原因が考えられますが、糖尿病もその一つです。「回数が多い気がするから糖尿病?」とはなかなか思えないかもしれませんけれども、早期治療のためには用心してしすぎることはありません。では、どんな回数・状態なら糖尿病の疑いがあるのでしょうか。

Q:頻尿の基準は何回くらいですか?
A:一般的に、起きている間に4~7回であれば頻尿とはいいません。これ以上の回数になると頻尿及び糖尿病、その他の病気の疑いがあります。あまり気にしすぎるとストレスで余計増えてしまうこともありますので、まずは尿検査を受けてみましょう。

Q:糖尿病と頻尿の関係は?
A:糖尿病の症状の一つに、多飲多尿があります。水分摂取が多いために出る回数も多くなってしまうのです。他には発汗量が増えたり、体のだるさや疲れやすさなどもあります。当てはまるものが多ければ多いほど疑いが強まりますので、早めに病院へ行きましょう。早期治療で充分コントロールできる病気です。

Q:トイレが近いときに効くツボがあると聞いたのですが?
A:数ヶ所存在しますが、下腹部など人前では押せないツボが多いため、やはり病院で相談したほうが改善が早まるのではないでしょうか。ツボだけで糖尿病などの病気が治るとは限りませんので、過信は禁物です。

スポンサーリンク

頻尿の回数と糖尿病の関係

頻尿の回数

上記の通り、頻尿かどうかの基準は「起きている間に8回以上」が目安とされています。「頻尿かも?」と思っている人の中には、実際にはここまでの回数でないにもかかわらず「トイレが近い。どうしよう。周りにはどう思われているだろう」と心配しているケースもありますので、回数だけでも数えてみてください。7回以下であれば、他に症状がない限りは正常ですよ。

糖尿病の症状と頻尿の回数

糖尿病の初期症状として、水分を摂取する回数が増えるためにトイレに行く回数も増えます。実際にどのくらい水分を取っているか、排尿回数は何回か、一週間程度記録をつけてみましょう。単なる思い込みというケースもありますので、記録をつけることで安心できる効果もあります。

頻尿によいツボ

下腹部の気海(きかい)・中極(ちゅうきょく)・曲骨(きょくこつ)・横骨(おうこつ)、くるぶしのやや後ろにある太谿(たいけい)など、頻尿に対応するツボは何箇所かあります。しかし、押してすぐ解決するというものでもないので、一度検査を受けてみたほうが結果的に治りやすいでしょう。心因性の頻尿の場合は、リラックス効果を狙ってツボを押してみるのもアリかもしれません。

<< まずは検査を受けてみよう >>

泌尿器科にはなかなか行きづらいかもしれませんが、尿の検査は内科でもやってもらえます。内科であれば病院の数も多いですし、同性の医師を見つけやすいでしょうから、まずは行きやすいところで検査をしてもらってはいかがでしょうか。泌尿器科を紹介してもらえることもありますので、行ったこともない・知らないところへ行くよりは安心できるでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です