頻尿の原因-原因はストレス?女性・男性・20代~高齢者の頻尿

頻尿 原因

トイレが近い、いわゆる頻尿のお悩みというのは意外と多くの人が抱えています。便秘や下痢同様あまり好ましい話題ではないとされているため、家族か親しい人の間でしか語られない話題ですから、当然といえば当然かもしれませんね。しかし、放置していてはいずれ大きな病気を引き起こすかもしれませんし、心身ともにストレスは大きいもの。では、頻尿になる原因にはどんなものがあるのでしょうか。

Q:頻尿になる原因って一体何?
A:尿に直接関係する膀胱や腎臓の病気、心因性(ストレス)、加齢によるものなどいろいろあります。また、女性の場合妊娠中は大きくなったお腹が膀胱を圧迫するため、トイレが近くなり勝ちです。

Q:性別で原因は違うの?
A:どちらがなりやすいという決定的な基準はありませんが、生殖器と泌尿器官は物理的に近いため、男や女病気の影響で尿に何らかの異常が出ることがあります。

Q:頻尿ってお年寄りがなるものでしょ?
A:一昔前まではそうした認識が強かったものの、現在はそうとも言い切れないというのが実情です。ストレスや不規則な生活によって、多くの世代・性別の人が悩んでいます。

スポンサーリンク

女性・男性の頻尿の原因をチェック

女性の頻尿の原因

女性の場合男性よりも体が冷えやすいため、トイレが近くなってしまうことがあります。この場合は腹巻などで体を温める工夫をするとあっさり解決することも。その他、骨盤底筋の緩みや過活動膀胱などが考えられます。

高齢者の頻尿の原因

病気以外では、運動不足と水分過多でトイレに行く回数が多くなっていることがあります。高齢者と言われる年代になると、代謝が衰えてくるためあまり汗をかきませんが、運動不足によって余計発汗をしなくなります。それなのにお茶など水分を昔と同じように取っていると、余計な分を排出するためには尿にするしかありません。この場合は運動を心がけ、一日に摂取している水分を計量・調節すると解決します。

男性の頻尿の原因

男性の場合、前立腺肥大が直接の原因であることが多いです。膀胱の下にある精液を作る器官なのですが、ここが肥大してしまうと膀胱を圧迫するので、トイレが近くなってしまうのです。軽症なら薬だけで治ることもありますが、重症化すると手術をしなくてはなりませんので、早めの治療が肝心です。

頻尿の原因とストレス

緊張や過度のストレスでトイレが近くなってしまうこともあります。人間関係や仕事、子育てなどで常に緊張していませんか?または、「トイレに行く回数が多くて、周りにどう思われているだろう」というように心配していませんか?あまりトイレのことばかり考えていると、膀胱も緊張してしまいますので、「行きたくなったら行けばいいんだ」くらいに考えておきましょう。案外それだけで改善するケースも多いです。

若い男女の頻尿の原因

若い方の場合、過労やストレス、トイレを我慢してしまうという悪い癖によって頻尿などになる場合があります。特に人目を気にしてトイレになかなか行けないという人に起こりがちです。他人の回数をいちいち数えている人などそういませんから、やはり「出すべきときに出すだけ」と考えておきましょう。

<< 気の持ちようだけで治ることもある >>

トイレのお悩みは誰でも後ろめたい・恥ずかしいものです。しかし、それだけにある意味共通の悩みでもあります。体の中にずっとためておくわけには行かないのですから、入った水分が出て行くだけの話です。「病は気から」というように、気の持ちよう次第で改善することも多いですよ。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です