貧血の原因-男性・赤ちゃん・高齢者・不整脈との関係や産後の貧血

貧血 原因

貧血の原因は、単純に鉄分が不足してしまった場合が多いです。鉄分が不足してしまうと、ヘモグロビンが上手く作られなくなり、貧血の症状がでてきてしまいます。そうならないためにも偏った食事などをせずに、鉄分を補う必要があるでしょう。

Q:貧血になりやすい人はどんな生活をしている人ですか?
A:偏った食事をしている人、忙しい人、3食食べない人が多このようないというデータがあります。

Q:何故、男性はあまり症状が出ないのですか?
A:男性ホルモンの影響もあって、赤血球の数が多いため症状が出難いのです。

Q:親から子供へなり易い体質は遺伝する事はありますか?
A:後天性の病気になりますが、低血圧になりやすい体質は遺伝するかもしれません。

スポンサーリンク

貧血の原因をチェック

男性の貧血の原因

貧血は低血圧の女性が多い印象がありますが、男性でも罹る場合があります。しかし、男性の場合ですと、特別に症状が重たくなる訳ではないですけど、その原因が低血圧ではなく、胃がん等の命に関わる病気の可能性が高いのです。女性の場合は、婦人科系の病気が主な原因ですけど、男性だとこのような原因である事が多いです。

赤ちゃんの貧血の原因

乳児期の赤ちゃんは、生まれてから生後半年ぐらいまでに体内の鉄分を使い切ってしまいます。なので、生後半年の頃は免疫力が低下してしまい、感染症に罹り易い状態になっているのです。それを防ぐために、如何に鉄分を摂取させてあげるかが大事で、母乳以外の離乳食が大事で、レバーを混ぜたり、フォローアップミルクを使ったりして工夫してみて下さい。

高齢者の貧血の原因

高齢者が貧血になる原因は、単純に鉄分が不足している場合が多いです。20代・30代・40代といった若い女性の場合だと、妊娠や子宮の疾患による場合がありますが、高齢者の場合のその他の原因は、消化器官からの出血が多いです。臓器の方も老化してきていますので、疾患による出血も多くなってきているのです。

不整と貧血の原因

不整脈が原因で貧血を起こしてしまう事があります。一見この二つは、あまり関係ないように思えますが、不整脈が起こる血圧が低下し、脳へと十分な酸素を送れなくなってしまうのです。なので、不整脈と同時にふらふらとしてしまう事があり、不整脈で倒れたと思うと大きな病気を疑いますが、こういった事もありえるので、よく覚えておいて下さい。

産後の貧血の原因

産後は、鉄分が著しく不足してしまいますから、貧血にとても注意しておきたい時期になります。分娩する時に大量に出血したり、血性悪露が増えたりと体内の血液が不足する事多いですし、妊娠している時から慢性的に続いている事も原因の一つとなっています。また貧血の影響によって、母乳が不足したり、抵抗力が低下したり、疲労感が増したり、子宮復古不全になったりしますので、20代や30代の女性は、特に鉄分不足を意識して下さい。

<< 女性は貧血になりやすい原因が多い >>

女性は元々生まれてから低血圧である人が多く、症状に悩んでいる人は多いです。子供の時だとまだ成長し切っていないので、頭へと血液を送る力が弱いために、立ちくらみを経験した人は多いでしょう。初潮を迎えると月経の量が増えますし、妊娠や出産でも胎児に栄養を分け与える必要もあるので、鉄分が不足する要因がたくさんあるのです。このような事に気を付けながら、毎日生活をしていく必要がありますし、お子さんのためにも鉄分の摂取や規則正しい生活をするのは、とても大切な事ですよ。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です