女性に多い偏頭痛-症状と原因、薬やツボ押しによる偏頭痛の治し方

偏頭痛 女性

偏頭痛とは、主に頭部片側に起きる痛みの事で、発作的に起こる事が多いです。発生の原因は詳しく解明されていないのですが、血管の収縮や拡張といった血流の動きと連動しています。また特徴的に男性よりも女性の方が4倍ほど患者数が多く、女性ホルモンの影響が強いからとされています。脈打つようなズキンズキンとした痛み方で知られ、時には吐き気も催す事もあります。

Q:偏頭痛に前兆はありますか?
A:偏頭痛持ちの人の3割の人は前兆を訴えていて、症状が現れる前に目がチカチカすると言われています。

Q:通常の頭痛とどう違うの?
A:通常の頭痛との違いは、吐き気や嘔吐といった伴なう症状があり、発作的に症状が発生します。

Q:偏頭痛を完治させる事はできますか?
A:人それぞれの体質があるので、一概に言えませんが、医師の診断の元、正しく治療して、生活習慣を見直せば改善されていきます。

スポンサーリンク

偏頭痛の症状で悩む女性はチェック

偏頭痛の症状

主な症状はこめかみ部分の痛みですが、痛さは数時間ズキンズキンとした痛みが続きます。症状が重たくなると、少し動くだけで痛みが激しくなり、嘔吐や吐き気を伴います。また頻度の方も治まって、発作を起こしてという風に繰り返すのが特徴です。光や音に過敏になるともいわれ、うるさい音や眩しい光を見るとさらに痛みが増すと言われています。

偏頭痛の治し方

基本的な偏頭痛の治し方は、頭を冷やす事が肝心になります。血管の拡張によって起こる症状ですので、それを防ぐのが重要になりますから、冷やしてあげるのが単純であり、簡単な方法です。ストレスを感じやすい年代である働き盛りの30代や40代の女性がなりやすい偏頭痛ですので、頭を冷やす事を覚えておくと良いでしょう。当然ですが、予防にもなります。

偏頭痛の原因

偏頭痛の原因は血管の拡張による炎症によって引き起こされます。血管が拡張する原因としては、室内と室外の温度差、低気圧、交感神経が優位になった時、ストレス、ポリフェノールの摂取、飲酒などがあります。これで絶対に起こるという訳ではありませんが、これらの頭痛が起きる時の要因を見つければ、対処法も見つかるはずです。

偏頭痛の薬

頭痛にも種類がありまして、鎮痛剤が代表的ですが、通常の頭痛とは違う今回のような場合は、血管を収縮させる薬、予防する薬が重要になります。これらは緊張型の頭痛には全く効果がありませんが、血管の拡張によって引き起こされる頭痛には、とても役に立ちます。ですから、主婦の人もそうですが、会社で忙しい日々を送っている30代・40代の女性は常備しておく事をお薦めします。

偏頭痛に効くツボ

偏頭痛にも良いと言われているツボは存在しています。耳の後ろにある骨の下部分である完骨、それの下にある天容とその周辺の筋全体を押したり、揉んだりしてマッサージしてあげると良いでしょう。

<< 偏頭痛は通常の頭痛とは全然違う >>

通常の頭痛は、筋肉のコリやストレスによって引き起こされる事が多いですが、偏頭痛は違います。血管の拡張による炎症が主な理由で、他の頭痛と対処法や治し方も違いますので、違いをハッキリと認識して、対応しなければなりません。ただの頭痛と思い込んで、頭痛薬を飲んでも効かない事もあり、正しく理解して認識していれば、予防する事もできるのです。時には、重要な仕事や用事があるのに寝込んでしまう程の痛みが生じる事もありますので、しっかりと症状と対処法と原因を理解しておくのは身のためになるでしょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です