つわりの吐き気-妊娠初期の女性必見!つわりの症状について知りたい

つわり 吐き気

いつになく吐き気がしたら妊娠したのかもしれません。つわりがひどいか軽いかは人それぞれです。妊娠初期がひどい人もいれば、妊娠最後までつわりに苦しむ人もおり、さまざまです。

Q:吐き気などつわりの症状は一人目より二人目のほうが楽ですか?
A:つわりは人によりけりで、まったくつわりなど感じない人もいれば毎回つらい思いをする人もいますので、一人目と二人目の違いもさまざまですが、一般的には一人目より二人目のほうがつわりは楽になるといわれています。二人目の妊娠ともなると40代近く、あるいは40代を過ぎていることもあり、つわりは軽い方がありがたいでしょう。

Q:吐き気やつわりは経験すれば平気になりますか?
A:平気にはならないでしょうが、やり過ごす知恵はつくと思います。一人目より二人目、二人目より三人目と、苦しいのは変わらなくても苦しさの様子やつわりに終わりがあることなど予測できると気が楽になるものです。

スポンサーリンク

女性のつわりと吐き気の症状

吐き気とつわりはいつから

【吐き気やつわりは4週から5週】
妊娠初期にともなう吐き気やつわりは、いつから始まるのでしょうか。もちろんつわりの症状も強さも人それぞれなように、始まる時期も人それぞれですが、平均的にみると妊娠4週目から5週目くらいから始まる方が多いようです。これは次の生理が始まる時期とも重なり、「生理が遅れてるし、吐き気がするし……」と気付くこともあるでしょう。

【吐き気やつわりを生理前症候群と間違える】
吐き気やつわりが来ても、普段から生理前症候群に悩まされている人は「また来たか、いつものことだ」と勘違いすることが多いでしょう。つわりがいつから始まるかという知識もなければなおさらです。妊娠後4週か5週で始まったという女性が多いところをみると生理前症候群とほぼ同時期となりますから、間違えてもいたしかたないといえるでしょう。

生理前の吐き気とつわり

生理前の吐き気やつわりに悩まされている女性も大勢います。ホルモンバランスが崩れる関係で生理前ともなると毎月のように吐き気や頭痛、気分の落ち込みといったつわりに似た症状が襲ってくるのです。周囲の目は「病気でもないのに家事や仕事を休むのか」と冷たいことが多く、そちらの偏見のほうが心に重くのしかかるという経験をされている人も多いのです。

吐き気とつわりの仕事への影響

吐き気、頭痛、倦怠感といったつわりの症状がきついと、仕事にも影響が出かねません。生理前症候群でも同じような症状に悩まされる女性は多いですが、「生理で……」というより「妊娠して……」といったほうが男性からの理解も得やすいように思えます。中には「だから女性には仕事を任せられないんだ」などと前近代的な発言をする上司もまだまだいますが、理解ある上司をみつけるのも世渡りのひとつなのかもしれません。

喉が詰まる感じの吐き気とつわり

喉が詰まる感じがひどいと訴える妊婦さんも多くいます。吐き気があり、気持ちが悪くて食事が食べられないことがあり、つわりも本当に大変です。栄養を取らなければならない時期にこんなんでは食事ものどを通りませんし、薬も飲みにくくて仕方がないのです。

寒気と吐き気とつわり

吐いたときに寒気がすると訴える妊婦さんもいます。吐き気は我慢できない症状で、戻すものがなくてもオエオエするしかありません。つわりとはうまく付き合っていくしかないのです。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です