吐き気と胃痛-原因はストレス?寒気・頭痛・下痢を伴う症状など

吐き気 胃痛

吐き気と胃痛。神経の細い繊細な人の病気だと思われていましたが、いまや大多数の人がこうした問題を抱えながら生きています。一億総病人といわれるゆえんです。

Q:吐き気と胃痛がするということは胃が原因ですか?
A:そういう可能性は高いでしょうが、必ずしもそうとは限りません。ストレスや不安障害といった精神的な圧力から来ている人も多くいます。パワハラ上司に悩まされているという職場環境では職場に近づくと緊張して胃が痛むというよく知られた症状が現われます。本格的なものから、ちょっと胃薬を飲めばやり過ごせるというものまでさまざまです。

Q:吐き気と胃痛は自分の生活態度が原因ということはありますか?
A:大いにあり得ます。食べ過ぎや飲み過ぎはどうしても胃腸に負担が来てしまいます。自分の適切な摂取量というのは大抵の人は知っているものです。しかし、大勢で食べていてつい楽しくて食べ過ぎてしまったり、接待のために勧められると断ることができずに飲み過ぎてしまうという傾向があります。年末年始は特に気をつけるべき時期でしょう。

スポンサーリンク

吐き気と胃痛の原因と症状

吐き気と胃痛の原因

【吐き気と胃痛は胃腸が原因】
吐き気と胃痛かひどい場合、その原因はやはり胃腸の不具合が多いでしょう。当たり前といえば当たり前なのですが、特に胃に何かあることを疑いたくなります。胃炎や胃潰瘍、胃がんなど胃に原因を持つ何からの病気が考えられます。栄養を吸収する大事な部位のため、体力が落ちてしまうのが心配です。食べると胃が痛むなら、毎日の食事が苦痛になってしまうこともあり、心配です。

【胃炎と胃潰瘍は何が違うか】
吐き気と胃痛かひどい場合、その原因として胃炎や胃潰瘍があげられます。胃炎は胃の壁である胃壁に炎症が起きている状態です。それに気がつかずに、あるいは気がついても放置していて炎症が進むと胃壁に穴があいてしまいます。それが胃潰瘍です。

吐き気と胃痛とストレス

吐き気と胃痛が続くのに、検査をしても胃炎も胃潰瘍もない。そんな状況ですと、原因はストレスや精神的圧迫が高いかもしれません。緊張すると胃に痛みか走るほど、精神面は人の体に大きな影響を与えるのです。パワハラ上司がいる職場が近づくだけで胃が痛むというのが典型です。環境を変えるのがいちばんの治療かもしれません。

吐き気と胃痛と寒気

吐き気や胃痛に加えて寒気がするのはどんな病気なのでしょうか。何かの原因で急性胃炎や急性胃潰瘍になると胃壁が荒れてきてしまい、何もしなくても病状が進行してしまうことがあります。強いストレスなどがきっかけであれば、その状態が変わらなければドンドン悪化の一途をたどるしかないのでしょう。

吐き気と胃痛と頭痛

吐き気に胃痛に頭痛があるとすれば、ひとつひとつは軽くても耐えきれない思いになりかねません。吐気と頭痛だけであれば脳腫瘍や脳血栓といった脳内の原因の可能性が濃いように思えますが、そこに胃痛が加わると難しいものです。どちらかといえばストレスや精神的圧迫から自律神経失調症になって体の各所に影響を及ぼしているのではないか、と思えます。

吐き気と胃痛と下痢

吐き気に胃痛に下痢とくれば、これば明らかに胃腸の機能不全が生じているでしょう。胃潰瘍や十二指腸潰瘍などがあればどうしても周囲の部位は影響を受けます。そんな弱った胃腸にこってりしたものを食べれば吐き気がして当然でしょう。20代30代と若いからといって無謀な生活をしていれば、あっという間に病院行きかもしれません。

吐き気と胃痛に耐えながら毎日を送っている人は、その前にいろいろなものを我慢しすぎているのかもしれません。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です