吐き気の原因-朝の吐き気やゲップ症状、胃・ストレス・生理前の原因

吐き気 原因

吐き気はとにかくつらいものです。急いで原因を究明して快方に向かいたいものです。何でもそうですが、原因がわかれば対策も立ち、対策を取ればすぐに症状がおさまらなくても気持ちが安心するのです。

Q:吐き気の原因は胃腸が悪いのですか?
A:胃腸が悪いとどうしても吐き気が起きやすくなりますが、それだけが原因ではありません。脳の酸素不足や自律神経が機能しなくなっているなどいろんな要因が考えられます。

Q:吐き気は思い切って吐いてしまえば原因がなくなりますか?
A:胃の中に毒物などの異物を摂取してしまい拒絶反応で吐き気がしている場合は、思い切って吐いてしまったほうが楽になるでしょう。しかし、別の原因で吐き気がしている場合は、吐いても吐いても吐き気がおさまらずに胃液だけが出てくる、という苦しい状況になることもあります。

スポンサーリンク

なぜ吐き気が?吐き気の原因

生理前の吐き気の原因

【生理前症候群が吐き気の原因】
生理前にどうにも不快にさせられると訴える女性が増えています。よくわからない吐き気の原因を探っていくうちにたどり着いたのが生理前症候群だという方も大勢いるでしょう。生理前後でホルモンバランスが崩れてしまうのが原因のようです。妊娠すると楽になるという女性もいますが、必ずそうなる訳でもなく難しいものです。毎月のことで嫌になるでしょうし、職場で理解がないと嘆く方もたくさんいます。

【生理前の吐き気で原因を間違える】
生理前に吐き気がした、ということで生理前症候群に違いないと思っていたら、原因が他にあったという場合もあります。生理前症候群ではなく妊娠したことからくるつわりの可能性も否定できないのです。吐き気や頭痛、悪寒といった生理前症候群でよくみられる症状は、妊娠初期のつわりも似ているのです。妊娠すれば生理は来ませんが、着床出血が生理と間違われることもあり、生理前の吐き気は簡単に原因を特定しにくいのです。

ストレスが吐き気の原因?

ストレスが吐き気の原因となっていることもあり得ます。どうしてもおさまらない嘔吐感や吐き気があれば脳腫瘍や貧血という循環器の病気を疑いたくなるものです。しかし、その実ストレスが原因というケースもあります。心因性嘔吐、または神経性嘔吐とも呼ばれており、過度の不安感・抑うつ・パニックなどが関係しているかもしれません。

ゲップに吐き気の原因

ゲップをするのは失礼だ、などといわれたことがあるかもしれません。ゲップに吐き気が伴なう時に、病気が原因かと疑いたくなります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍という胃腸のトラブルがあると、そうした症状が出やすくなります。そこまで深刻ではないとしても胃腸の機能が低下してうまく消化や吸収がしにくくなっているとしたら、早目に治しておきたいものです。

朝の吐き気の原因

一日の始まる朝に早々に吐き気がするとなると、その日一日が台無しです。何か原因 があるはずです。前の晩遅い時間にこってりした料理やお酒を楽しみ過ぎて、寝ている間に胃がすっかりもたれてしまっているとも考えられます。消化しきれていない食べ物が胃の中に残っていれば気持ち悪いでしょう。

吐き気の原因は胃の調子が関係?

胃が機能低下していると、吐き気の原因となるでしょう。もともとストレスや過労で機能が低下しているところに、こってりした脂っこい料理を食べたり付き合い酒を断れなかったりと胃に負担がかかることをすると、どうしても消化がうまくいきません。

吐き気はさまざまな原因がありますので、原因に合った対処の仕方をしていきましょう。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です