肌荒れとワセリンの効果は?花粉対策や赤ちゃんにも?ワセリンの役割

肌荒れ ワセリン

手や顔などの肌荒れにワセリンを使う方は多いのではないでしょうか。ワセリンはもともとが植物油ということもあり、安心して使用できます。また、意外と知られていない使い方として、虫刺されや車・自転車の油で汚れた手をきれいにするため、さらにはひび割れが気になるカバンに塗り込むなどさまざまな用途に使用することができます。

Q:ささくれ、ひび割れにもワセリンは良いと聞きますが、しみたりはしませんか?
A:出血している状態であれば使用をおすすめできませんが、基本的にはしみないはずです。

Q:赤ちゃんにもワセリンは仕えるそうですが、成分として問題ないのですか?
A:石油が原料ということから心配される方も多いようですが、石油も本来は植物油で不純物を限界まで取り除いているため使用可能です。

スポンサーリンク

顔の肌荒れにワセリン

ワセリンは軟膏に使われる成分も入っており、その保湿力は多くの方から支持されています。顔の肌荒れはもちろんハンドクリームとして利用されることもあります。顔の肌荒れのなかでも乾燥していることが原因となっている場合にはこのワセリンが大活躍です。どうしてもワセリンはベトベトしてしまうのでメイクをされる方や日中外出することがある方は寝る前や入浴中に塗って外に出る前に洗い流す方法がベストです。

花粉と肌荒れとワセリン

年々花粉症の症状が現れる方が増加傾向にあり、花粉症対策もさまざまなものが開発されています。そんな花粉症対策にも肌荒れで大活躍のワセリンが利用できるのです。方法としては綿棒などを使って鼻の中に塗る、鼻の入り口に薄く塗るなどがあります。この方法による効果としてはワセリンが外からの花粉をブロックする保護膜の役割を果たしてくれます。

赤ちゃんの肌荒れとワセリン

赤ちゃんの肌荒れは見ていても可愛そうになるし、まだ幼いからとついつい考えて薬や使うものを選んでしまいます。結果、あれもこれも数え切れないほどの物で溢れてしまうという経験をした方もいるのではないでしょうか。しかし、実は赤ちゃんの湿疹や乾燥、かぶれなどの肌荒れにはワセリンひとつあれば良いというのが事実なのです。もちろん、症状によっては医師の診断を受けて専門のお薬が必要となる場合もありますが、一般的な乳児の症状として現れるものであればワセリンひとつでOKです。

<<ワセリンの役割>>

ワセリンの役割は肌荒れの保湿による改善や、フィルターとしての花粉症対策、デリケートな赤ちゃんの肌を守ることや、長年使っていたレザー小物のお手入れまで本当に幅広く使うことができます。一家に一つあっても困らないアイテムではないでしょうか。

スポンサーリンク

ヒントがあればシェアをお願いします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です